Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.nbcchicago.com/investigations/chicago-charged-7-2m-to-staff-migrant-shelters-during-four-week-period-invoices-obtained-by-nbc-5-investigates-show/3250573/

シカゴ、NBC 5調査で明らかになったところによると、移民収容所のスタッフに720万ドルの料金を請求

シカゴ- シカゴ市は、NBC 5の調査により、四週間の期間において移民収容所のスタッフに720万ドルの請求を行っていたことが明らかになりました。

この記事は、NBCチャイカゴの調査報道により、シカゴ市が移民収容所のスタッフを雇用した際に高額な費用を支払っていたことを明らかにしています。NBC 5の調査により入手された請求書によれば、シカゴ市は四週間の期間において720万ドルもの金額を支払っていたことが分かりました。

この請求書には、スタッフの給料や福利厚生費、各種契約費用などが含まれており、これまで収容所スタッフの給与については公には明らかにされていませんでした。この高額な請求について、シカゴ市はまだ説明していません。

報道によると、この期間中、シカゴ市は移民収容所スタッフに対して平均して180万ドルを支払っていました。これは、シカゴ市が受け入れていた移民の数が増加したため、スタッフを雇用する必要性が生じたためです。

この報道を受けて、シカゴ市当局は移民収容所スタッフの雇用に関する内部的な監査を開始することを発表しました。市当局は、請求書の詳細についてのコメントを控えましたが、透明性と責任を旨とする姿勢を示しています。

市民や税金の使途に関心のある人々からは、この高額な請求に疑問の声が上がっています。今回の報道を受け、市当局はシカゴ市の収容所スタッフの雇用に関するプロセスを再評価することが求められています。

移民問題はアメリカの中でも非常に悩ましい問題の一つですが、シカゴ市の移民収容所スタッフの雇用にかかる高額な費用は、ますます関心を引くこととなりました。今後の市当局の対応に注目したいところです。