Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://ktla.com/news/local-news/women-sue-lasd-alleging-traumatizing-traffic-stop-was-unnecessary-illegal/

WOMEN SUE LASD, ALLEGING TRAUMATIZING TRAFFIC STOP WAS UNNECESSARY, ILLEGAL

ロサンゼルス市(KTLA)- ロサンゼルス郡保安局(LASD)は、2人の女性が交通違反の容疑で任意の任意の検査を受けたと主張して提訴されたとして、抗議と告訴の的になっています。

この事件は、先週の金曜日にハワード・スミス・テイラー保安官署(HSD)がリーダーボジャック通りとグランドビュー大通りの交差点で起きたと報告されました。告訴文によると、ブレイディ弁護士事務所の代表であるジョナサン・ブラックマン氏は、LASDが不必要な交通停止を行い、被告である2人の女性に心的外傷を与えたと述べました。

被告たちは、彼女らが運転中にわずかな追突事故を起こしたところを、LASDの保安官に横断されたと主張しています。その後、警官はドライバーに対しアルコールテストを行い、携帯電話の捜索を要求しました。被告女性は、自分たちが交通違反もアルコールの摂取もしていないのに、保安官による不必要で不当な振る舞いが行われたと主張しています。

ジョナサン・ブラックマン氏は、被告女性の名前を非公開にするよう求めながら、彼女たちの職業はエキゾチックダンサーであり、保安官たちはそのために彼女たちに対して人種や性的な偏見を持って接したと主張しました。

さらに、彼らのクライアントは、LASDが過去にも同様の事件を起こし続けており、これはその一部に過ぎないと主張しています。

この告訴は、連邦裁判所に提出されており、ロサンゼルス郡保安局はまだ公式なコメントを発表していません。今後の更新に期待が寄せられます。

この事件は、アメリカにおける警察の取り締まりに対する懸念を再燃させる可能性があります。