Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://abc7news.com/j-manuel-carmona-juanita-more-utility-box-mural-art-defaced-san-francisco-mission-district/13910146/

不注意な破壊行為、サンフランシスコのユーティリティボックス美術作品がターゲットに

サンフランシスコのミッション地区で、美術家のJ・マニュエル・カルモナ氏とファッションデザイナーのフアニータ・モア氏によって制作されたユーティリティボックスの美術作品が破壊される事件が起きた。

この美術作品は、地元住民やアート愛好家から高い評価を受けていた。ユーティリティボックスには華やかな色彩と抽象的なデザインが施され、地域の美しさを引き立たせていた。

しかしながら、先日、この美術作品は無差別な破壊行為の標的となった。破壊された部分には多くのスプレーカンの跡が残り、美術作品の一部がぼやけ、台無しになってしまった。

地域住民はこの事件に深い憤りを抱いており、美術作品を一緒に創り上げたカルモナ氏とモア氏に対してさまざまなエールや応援の言葉を送っている。

カルモナ氏はこの事件についてコメントし、「これは地域のアートやアーティストに対する尊重の欠如を示しています。私たちは一緒に美しいものを作り上げることでコミュニティを結びつけるために努力しているのに、こんな行為は残念です。しかし、私たちは立ち止まることなく続けます」と述べた。

地元警察はこの事件に関して捜査を進めると共に、不適切な行為に対する追跡と適切な罰則を求めている。美術作品の修復や再設置にかかる費用も含め、この事件に対する罪を問う方針だ。

ミッション地区はサンフランシスコでもっとも有名なアートシーンのひとつとして知られており、美術家やアート愛好家から非常に重要な場所として認識されている。地域の美しさを破壊するこのような事件は容認できず、地域住民やアート関係者の間で激しい非難を浴びている。

今後、この事件によって地域におけるアートの価値が問われることは間違いなく、より一層の意識啓発と共に地域の美しいアートシーンを守っていく必要がある。