Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.broadwayworld.com/san-diego/regional/La-Traviata-3840908

鮮やかなオペラ「ラ・トラヴィアータ」、サンディエゴで熱い盛り上がり

サンディエゴ―― この週末、オペラ愛好家が熱い拍手と感動の渦に包まれました。サンディエゴの名門劇場であるカリフォルニア・サンディエゴ・オペラ(San Diego Opera)は、ジウゼッペ・ヴェルディの代表作である「ラ・トラヴィアータ」の公演を行いました。

この素晴らしいオペラは、昨晩から三夜連続で上演され、観客を魅了しました。物語は19世紀のフランスを舞台に、社交界の名士と遊女の悲劇的な恋愛を描いています。著名な演出家アンナ・チャンセル(Anna Chancellor)の手により、洗練された舞台セットと豪華な衣装が魅力的に組み合わされ、観客を魅了しました。

主演を務めたのは、国際的に注目を浴びているメゾソプラノのエレーナ・ガルクーシナ(Elena Garkusha)でした。彼女の透明感ある美しい歌声が、物語の感情と融合し、観客に心底響き渡りました。共演者のテノール歌手、フランソワ・チャンテュス(François Chanteurs)とバリトン歌手、ルイ・ボワジェ(Louis Boisjoli)も素晴らしい演技で、物語を彩りました。

オペラの公演は、サンディエゴの音楽シーンを新たな高みへと押し上げました。カリフォルニア・サンディエゴ・オペラは、音楽ファンにとって不可欠な存在として、地域の誇りとなっています。今回の「ラ・トラヴィアータ」公演は多くの賞賛を集め、喝采に包まれた成功となりました。

オペラの公演は、地元の芸術コミュニティにも大きな経済効果をもたらしました。たくさんの劇場愛好家がサンディエゴに集結し、多額の観光収入をもたらしました。また、公演に関わるスタッフやキャストの雇用創出にも大いに貢献しました。

来場者たちは終演後、満足そうな笑顔を浮かべながら劇場から出て行きました。この感動的なオペラ体験は、一生の思い出となるでしょう。次回のオペラ公演に期待が高まります。