Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://abc7ny.com/nyc-congestion-price-taxi-drivers-fee/13880058/

ニューヨーク市議会が混雑対策としてタクシードライバーへの新たな料金導入を提案

ニューヨーク市議会は、混雑解消と交通事故の減少を目的に、タクシードライバーへの新たな料金導入に関する提案を行いました。

提案によれば、タクシー利用者はフラット料金の代わりに、混雑状況に応じた追加料金を支払うことになります。この料金は、ピーク時の交通量や、タクシーの需要と供給に基づいて計算されます。また、この料金は公共交通機関の利用促進や環境保護のための基金としても使用され、市内のインフラ改善にも役立てられる予定です。

ニューヨーク市は、長年にわたり交通渋滞が深刻な課題となっており、特にマンハッタンの中心部ではタクシー車両の増加により混雑が進んでいました。また、タクシードライバーは長時間の運転により過労やストレスを抱え、交通事故のリスクも高まっていました。

市議会の提案は、この懸念事項に対する対策案として期待されています。この料金制度導入により、利用者は混雑時間帯や周辺の需要を考慮した適切な料金を支払うことで、タクシーの効率的な利用が促進されると期待されます。

一方で、タクシードライバー組合はこの提案に対して懸念の声を上げています。彼らは、既に経済的に厳しい状況にあるタクシードライバーにとっては追加料金の負担が大きいと主張しています。さらに、タクシードライバーは追加料金を含んだ適正な報酬を受ける必要があると主張しており、適切なバランスの確保には継続的な協議が必要となります。

この提案はまだ討議中であり、最終的な決定に至るまで慎重に議論が進められる予定です。市議会は、利用者とタクシードライバー双方の立場を考慮しながら、より効果的な混雑対策を打ち出すことを目指しています。