Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.reuters.com/technology/should-new-tech-rules-apply-microsofts-bing-apples-imessage-eu-asks-2023-10-09/

[EUが問いかけ:マイクロソフトのBingやアップルのiMessageに新しいテクノロジールールを適用すべきか]

欧州連合(EU)は、巨大なテクノロジー企業に対して新たなルールを適用するべきかどうか検討しています。マイクロソフトの検索エンジン「Bing」とアップルのメッセージングアプリ「iMessage」が注目の的になっています。

EUは、テクノロジーセクターにおける支配的な企業への規制を強化する計画を進めています。これは、企業が利益の最大化を追求する一方で、消費者や競合他社に対して公正な取引環境を提供することを目的としています。

特に、EU当局はテクノロジーセクターでのデジタル広告市場の問題に焦点を当てています。この問題について、EUの競争政策担当コミッショナーであるマルガレーテ・ベストガー氏は、「トップ3の企業が市場の半分以上を支配している状況に変化が必要だ」と発言しました。

現在、規制の対象となる可能性のある企業として、マイクロソフトのBingとアップルのiMessageが浮上しています。多くのユーザーを抱えるこれらのサービスは、市場の中で一定の支配地位を確立しています。

一方で、関連する企業はこの規制に反対の姿勢を示しています。彼らは、既に競争の激しい市場で、イノベーションを促進し、消費者が幅広い選択肢を持つことができる状況が生まれていると主張しています。

EUは現在、関連する企業や利害関係者からの意見を募集しています。今後数ヶ月以内に、いくつかの対策案が提示される予定です。ただし、具体的な規制が導入されるかどうかはまだ不透明です。

テクノロジーセクターを巡る規制強化の議論は、世界中の関係者の注目を集めています。今後の展開に注目が集まる中、各企業の姿勢やEUの規制方針がさらなる注目を浴びることでしょう。