Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.nbcsandiego.com/news/local/san-diego-is-one-step-closer-to-using-smart-streetlights-san-diego-news-daily/3322545/

サンディエゴがスマートストリートライトの使用へ近づく

サンディエゴ市は、スマートストリートライトの使用に向けて一歩近づいた。地元メディアによると、サンディエゴ市議会はこの週、スマートストリートライトの契約を結ぶために市の部署と協力したいとの提案を可決した。

各地の懸念を受け、この提案は注目を集めた。これまでの取引では都市部にスマートストリートライトが設置され、そのデータが収集された。これにより、犯罪の予防や交通情報の提供など、さまざまな利点が期待されている。

一方で、プライバシー問題が浮上し、プライバシー団体からは懸念の声が上がっていた。しかし、サンディエゴ市議会は、契約にはプライバシー保護に関する厳格な規定を盛り込むことを明言した。

スマートストリートライトは、目立たない形状で都市全体に設置される予定だ。これにより、街灯としての本来の役割を果たしながら、データの収集と利活用が可能となる。

導入予定のスマートストリートライトは、人々の動きを追跡するためのセンサーやカメラを備えている。これにより、防犯対策や交通フローの改善が期待されている。

サンディエゴ市議会の一員であるジェニファー・キャンプベル議員は、地元メディアに対し、スマートストリートライトの導入により市民の安全が向上し、交通の効率性も高まると述べた。

一方で、この提案に反対する声もある。プライバシー保護を懸念する市民やプライバシー団体からは、スマートストリートライトのカメラ機能が個人のプライバシーを侵害する可能性があると警戒されている。

サンディエゴ市議会は、公共の利益と個人のプライバシーを両立させるため、契約に厳格なプライバシー保護規定を盛り込むことを求めている。

スマートストリートライトには多くの可能性が秘められているが、それと共に、プライバシー保護に対する意識と配慮が不可欠な課題となっている。今後のサンディエゴ市の取り組みに注目が集まっている。