Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.nbcsandiego.com/news/local/san-diego-is-one-step-closer-to-using-smart-streetlights/3322337/

サンディエゴ、スマート街灯の導入に向けて一歩前進

カリフォルニア州サンディエゴは、スマート街灯の使用に向けて大きな進展を見せました。地元のメディアによると、市議会は一世代前の街灯を取り替えることを決定し、より効率的で持続可能なスマート街灯を導入する計画を承認しました。

スマート街灯は、通常の街灯よりも明るさを調整する機能だけでなく、様々なセンサーや情報収集装置を備えています。これにより、交通量や駐車状況、気象情報などのデータを収集し、都市計画やエネルギー効率の改善に役立てることができます。

市当局は、スマート街灯の導入により、交通の流れを最適化し、公共の安全を向上させることを期待しています。また、より省エネで環境にやさしい街灯が使用されることで、エネルギー消費の削減にも貢献する見込みです。

この決定には、スマート街灯を供給する企業との契約も含まれています。地元の報道によれば、契約総額は1,500万ドルに上り、新しい街灯の設置と保守・管理サービスが提供される予定です。

市議会は、スマート街灯の導入が市民のプライバシー懸念を引き起こす可能性があることを認識し、予防策を講じることも承認しました。具体的なプライバシー保護策はまだ詳細に議論されていませんが、市民のデータ保護に対する懸念に対応するための措置が講じられる予定です。

スマート街灯の導入に伴い、サンディエゴ市はより持続可能な都市開発の一環としての地位を高めることが期待されます。スマートシティへの移行は、より快適で持続可能な生活環境を創出するための重要な一歩となるでしょう。今後、サンディエゴ市はスマート街灯の設置計画を進め、市内の街路灯を近代化していく予定です。