Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://nypost.com/2023/10/07/nyc-whole-foods-victim-is-still-pulling-glass-out-of-body/

ニューヨークシティ全域をカバーする新聞社であるニューヨークポストは、最新の記事で、ニューヨーク市内の一人の女性が、全食品スーパーマーケット「ホールフーズ」での衝撃的な出来事の犠牲者であり、今もなお体からガラスを取り出していると報じている。

記事によれば、この女性は匿名を希望しており、2023年10月7日にホールフーズ店舗で買い物中に突然の事故に遭遇したと証言している。彼女はガーデンシティーにあるホールフーズで、買い物かごを押している最中に一際大きなガラスが窓から落下し、彼女の体に直撃したと主張している。

この衝撃的な出来事により、彼女の体は深刻な傷を負ったと報告されている。現在も彼女の体には何カ所ものガラスの破片が刺さったままであり、取り除くために手術を受ける必要があるとのことだ。

被害者にとって、この事故による経済的・身体的な負担は非常に大きなものとなっている。彼女は医療費や手術費用に加えて、治療と回復のための膨大な時間を必要としている。

事故が発生してから間もなくすると、彼女はホールフーズとの間で和解案について協議を行いたいと述べている。現在、彼女の弁護士はホールフーズ側との交渉に入っており、公的なコメントはしていない。

一方、ホールフーズはこの事故に深い懸念を示している。同社は安全対策の強化に取り組んでおり、このような事故が二度と起こらないような対策を講じることを約束している。

ニューヨーク市警察は現在、この事件についての詳細な調査を進めている。事故原因や責任者の特定に向けて努力しており、公正な判断を下すことを目指している。

この事件は、消費者の安全性と注意喚起の重要性を考えさせるものであり、市民や企業による安全対策の徹底が求められることを示している。今後の展開に注目が集まっている。