Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.chicagotribune.com/suburbs/ct-illinois-migrants-suburbs-20231006-mcdzqoqvsravjm3pasfe6aij2q-story.html

シカゴ郊外:イリノイ州に移住する移民数が最も多いとの報告

先進国であるアメリカ合衆国のイリノイ州では、都市部から郊外への移住が増えているとの報告が明らかになった。移住者の中でも特に多いのは移民で、新たな調査からその数がいかに多いかが明らかになった。

シカゴ近郊では、イリノイ州に移住する移民数は他の地域よりも突出しているという。地元の調査機関によれば、都市部から郊外への移住者のうち、約3分の1が移民であるという。移民の多くはヒスパニック系出身で、彼らの人口が急速に増加していることが分かった。

移住の理由について、専門家は政治的不安定や経済的な機会を求めるとの指摘している。また、移民の子供たちが質の高い教育を受けられる環境を求めるケースもあるとされている。

ただし、移住には様々な問題も存在する。例えば、言語の壁や文化の違いが生じることで、移住者は新しい地域での生活に適応する必要がある。また、移住先の社会においては、既存の住民との関係構築や差別の問題が浮上することもあるとされている。

これらの移住の動きは、イリノイ州における人口統計の変動にも大きな影響を与えている。都市部の人口減少に対して、郊外の人口は増加傾向にあり、その中でも移民が大きな要素であることがわかった。

この調査を受けて、シカゴ近郊における都市計画や移民へのサービス提供の見直し、より包括的な社会支援の充実が求められている。