Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.chicagotribune.com/education/ct-cps-high-school-admissions-test-rescheduled-after-vendor-error-20231019-b7dfaadamjhsznkddsnmitkgvi-story.html

シカゴ公立学校(CPS)の高校受験試験、ベンダーのエラーにより再スケジュール

シカゴ市の公立学校(CPS)は、先週予定されていた高校受験試験を再スケジュールすることを発表しました。最初の予定では、木曜日に行われるはずでしたが、ベンダーが試験の準備を完了できていなかったため、試験は後日行われることとなりました。

この問題は、ベンダーであるACT社が試験の準備に遅れが生じたことにより起きました。CPSはACT社との契約に基づき、試験の実施を委託していました。試験は、CPSにとって重要な指標となっており、学生の進級や高校選択の決定に影響を与える重要な役割を果たしています。

CPSの広報担当者は、「我々はこの問題を深く遺憾に思っており、受験生、その家族、関係者全体に対して謝罪申し上げます。再スケジュールは、受験生が公正な状況で試験を受けることができるように、最善の対応策を講じるために行われました」とコメントしました。

再スケジュールされた試験の日程は、試験を受ける全ての学生が公平に受験できるように慎重に選定されました。新たな日程は、11月に行われる予定であり、具体的な日時は近日中に発表される予定です。

これまでのところ、学生やその家族からの大きな不満や苦情は報告されていませんが、再スケジュールによりスケジュールの変更が必要になることが予想されます。CPSは受験生や関係者に対し、適切なサポートと情報提供を行い、潜在的な問題を最小限に抑える取り組みを行っています。

この出来事により、CPSは今後、試験の委託先の選定や契約プロセスに関してより慎重に対応することが必要とされるでしょう。公正な試験の実施が求められるだけでなく、学生や教育関係者に対して信頼性のある試験環境を提供することが重要とされています。