Tue. May 21st, 2024

画像の出所:https://apnews.com/article/tesla-recall-musk-cybertruck-nhtsa-ff2018b672b1109543c52b0058698499

米国道路安全規制当局(NHTSA)は、テスラのCEOイーロン・マスクが設立した電気自動車メーカーが21,599台の車両をリコールするよう求めたと発表しました。このリコールは、テスラの新型トラックであるサイバートラックに関するものです。

NHTSAは、サイバートラックの一部であるハーフトンピックアップトラックにおいて、タイヤのステアリング制御が正しく機能しない可能性があると指摘しています。この問題が発生すると、車両が制御不能に陥り、事故を引き起こす可能性があります。

テスラは、NHTSAの勧告に従い、21,599台のサイバートラックをリコールすることを決定しました。このリコールは、米国、カナダ、メキシコなど、複数の国で販売された車両に影響を与える可能性があります。

この問題に対処するため、テスラは無料で修理作業を行います。車両所有者は、テスラのウェブサイトや販売店舗を通じて、対象となるサイバートラックの修理を依頼することができます。

今回のリコールにより、テスラは再度品質管理の重要性が問われることとなりました。今後、サイバートラックを含むテスラの他の車両にも同様の問題が発生しないよう、テスラがより一層の注意を払うことが求められています。