Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.cbsnews.com/news/hawaiian-naval-base-fuel-leak-symptoms-and-fears-persist/

ハワイの海軍基地燃料漏れ、症状と不安が続く

ホノルル、ハワイ州 – 米国太平洋艦隊のポール・ストレック大佐は、ハワイのパールハーバー海軍基地での最近の燃料漏れ事件の症状と懸念について、記者団に報告しました。

基地内の一次治療施設では、数多くの人々が鼻づまり、頭痛、咳、吐き気、または吐き気感に悩まされていると報告されています。一部の人々は、皮膚のかゆみや発疹などの症状も報告しています。

「私たちはこの問題に真剣に向き合っています。我々は基地内の住人の安全を最優先に考えています」とストレック大佐は述べました。「原因を特定し、影響を受けている人々を支援するための対策を講じています。」

燃料漏れは、5月に海軍基地で発見され、当初、短期間で処理されたとされていました。しかし、最近の報告によると、基地内の住民は未だに症状を抱えており、不安が高まっています。

この問題に関する公式な声明はまだ出されていませんが、海軍関係者によると、漏れた燃料は主に沿岸地域に広がり、地下水への浸透も懸念されています。基地を取り巻く地域の住民は、環境への悪影響や健康リスクを心配しています。

地元当局は、基地職員と住民の安全を確保するために必要な措置を講じるべきだと要求しています。ハワイ州環境保護局も、問題解決に積極的に関与し、基地周辺の環境調査を実施する意向を示しています。

市民の健康と安全が最優先であるべきであり、この問題に対する迅速な対応が求められています。将来的なリスクを最小限に抑えるため、専門家は基地内の燃料流出の捕捉および調査を続けることを勧めています。

現在、被害を受けた個人や地域の支援策が具体的に提示されているわけではありません。関係者は、影響を受ける可能性のある人々が医療機関で適切な診断と治療を受けることを推奨しています。

太平洋艦隊は、今後の情報提供と問題解決に向けて継続的な努力を約束しました。この問題の深刻さを認識し、住民の健康と安全を保護するため、迅速かつ透明な調査が行われることが期待されます。