Tue. May 21st, 2024

画像の出所:https://www.kiro7.com/news/local/victim-road-rage-shooting-flees-into-starbucks-headquarters-causing-lockdown/N6HIYVTXUNEYTFRL6ZFQLMFGQM/

路上での短気な運転後、射撃事件の被害者はスターバックス本社に逃げ込み、封鎖が発生

ワシントン州シアトル – 先週木曜日の午後、シアトル市内で発生した一件の射撃事件により、スターバックス本社が一時的に封鎖される騒ぎがありました。

当時、警察は、道路上でのロードレージ(道路での激しい怒り)の結果として、男性が射撃されたとの報告を受けました。被害者は、スターバックス本社の敷地内に逃げ込み、職員に保護を求めました。

この事件は、午後3時ごろに発生したもので、多くの目撃者が現場に居合わせ、警察に通報しました。警察は迅速に現場に到着し、スターバックス本社内での状況を調査しました。

警察によると、事件は道路での口論が原因でエスカレートしたもので、2人の男性が互いに言い争いを始めたとされています。この口論が暴力に発展し、一方の男性が銃を取り出し、もう一方の男性を撃ったとのことです。

被害者は、負傷したままスターバックス本社に逃げ込み、スタッフに助けを求めました。スターバックスの従業員は即座に対応し、警察に通報しました。また、周辺地域の安全確保のため、スターバックス本社は一時的に封鎖されました。

警察は現場に到着し、負傷した男性に応急処置を施し、救急車で病院に搬送されました。その後、男性は病院で治療を受け、容体は安定しているとの報告がありました。

警察はまた、容疑者の特定と逮捕に向けた捜査を進めています。現時点では、事件の動機や容疑者の身元については明らかにされていません。

この事件により、スターバックス本社は一時的に封鎖され、従業員と訪問客の安全が確保されました。スターバックスは事件後、声明を発表し、被害者とその家族に思いを寄せるとともに、警察との密接な協力を表明しました。

警察は、目撃者や情報提供者からの追加情報を求めており、事件の全容解明に向けて捜査を続けています。