Mon. Jul 22nd, 2024

画像の出所:https://abc7ny.com/department-of-transportation-ydanis-rodriguez-commissioner-trick-or-streets/13958236/

ニューヨーク市交通局が新たな取り組みを開始し、道路安全性向上のための積極的なキャンペーンを展開しています。このプログラムは、ニューヨーク市交通局(NYCDOT)およびニューヨーク市交通局委員会の一員であるイダニス・ロドリゲス委員が主導しています。

このキャンペーンでは、「トリック・オア・ストリート」と題されたコンセプトが採用されています。これは、街頭で交通が安全に行われるために、自動車運転手や歩行者、自転車乗りが共に協力し、互いに思いやりを持って行動することを目指しています。

ニューヨーク市交通局の関係者によれば、このイニシアチブは、道路事故の予防や都市全体の交通インフラの改善を通じて市民の安全を保護することを強調しています。具体的な活動としては、新たな交通標識の設置や路上での啓発キャンペーンの展開が行われる予定です。

このプログラムは、イダニス・ロドリゲス委員が、市民の交通事故による被害を少なくするために常に積極的な政策を推進していることを反映しています。委員は、交通ルールの遵守や交通事故の予防に焦点を当て、特に子供たちの安全を重視しています。

イダニス・ロドリゲス委員は、このキャンペーンが市民意識の向上を図り、交通ルールを守ることの重要性を広く啓発することで、道路事故を減らすことにつながると信じています。

ニューヨーク市交通局は、トリック・オア・ストリートのキャンペーンを通じて、市民の交通安全意識を高め、街頭での交通事故を減らすことを目指します。このプログラムは、市民の積極的な参加と互いへの思いやりが不可欠であり、共により安全な道路環境を作り上げることが期待されています。

ニューヨーク市交通局は、市民に対してこのキャンペーンに参加するよう呼びかけており、交通ルールの守り方や街頭での正しい振る舞いについての情報を提供しています。市民の協力と意識の高揚が、今後の道路安全性向上に寄与できると期待されています。