Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.theguardian.com/technology/2023/oct/23/china-launches-tax-investigations-into-apple-iphone-maker-foxconn

中国、アップルのiPhone製造業者、フォックスコンに課税調査を開始

中国政府は、アメリカのテクノロジー企業、アップルの主要な製造業者であるフォックスコンに対し、課税調査を開始することを発表しました。この動きは、アップルの製品販売における脱税疑惑に対する対策の一環として行われたものです。

フォックスコンは、中国において最大の電子機器製造会社のひとつであり、特にiPhoneの製造においては重要な役割を果たしています。中国国家税務局は、フォックスコンの資金移動や税務申告に関する情報を徹底的に調査し、疑わしい取り引きや脱税行為があった場合には厳正に対処することを明言しました。

この調査は、アップルが中国国内での販売データを曖昧にし、税金を逃れるための手段として中国国内での収益を低く報告しているとの指摘があったことに基づいています。アップルはこれまでにも、異なる国々での税務関連の問題に直面してきましたが、今回の調査は特に重要な意味を持ちます。

中国はアップルとフォックスコンに対し、税務ルールを厳格に遵守するよう求めています。アップルは中国市場において非常に成功を収めており、全世界でも最も売れるスマートフォンであるiPhoneがその一例です。しかし、この成功によりアップルは多額の利益を上げており、その利益への課税について中国政府はさらなる透明性を求める声が高まっていました。

アップルとフォックスコンは、調査に対して全面的な協力をすることを表明しており、税務ルールに準拠する姿勢を示しています。中国政府は今後も国内外の企業に対して公正な税金の納付を求め、透明性を確保するための取り組みを続けることでしょう。

課税調査の結果やその影響は今後の動向次第であり、アップルとフォックスコンにとって重要な局面となるでしょう。世界的に大きな影響力を持つ両社が、税務ルールの下での公平な取引を実現していくことが求められます。