Wed. Apr 24th, 2024

画像の出所:https://www.dailymail.co.uk/health/article-12635823/pfas-water-reproductive-health-infertility-menopause.html

PFAS Water Contamination Linked to Reproductive Health Issues and Menopause, Study Finds

最新の研究によれば、PFAS(ポリフルオロアルキル物質)の水への混入が、生殖健康の問題や更年期障害と関連していることがわかった。

研究チームは、アメリカのNational Institutes of Health(英国の国立衛生研究所)に所属する科学者たちによって行われたもので、分析の結果、PFASの水への濃度が高い地域の女性たちの生殖機能に悪影響を及ぼす可能性があることが判明した。

PFASは一連の人造化学物質であり、さまざまな消費製品に使用されているが、その中でも特に注意が必要なのが「タラ血病」「油性消火器」「非粘着加工剤」といった製品である。これらは環境中に不溶性の物質として残るため、水源に継続的に混入し続けることがある。

研究はさらに、高濃度のPFASを摂取した女性たちの卵巣機能に影響を及ぼす可能性があることも示唆している。これにより、不妊や生殖能力の低下、更年期障害のリスクが高まる可能性があるとされる。

専門家たちは、PFASの水への混入が深刻な問題であることを警鐘し、公共の衛生を脅かす要因として扱う必要があると訴えている。ただし、PFASの完全な除去は困難であり、より安全な水源への移行が喫緊の課題となっている。

一方、関係者は、PFAS水汚染への対策を進めるための緊急の措置を求めている。水道事業者や関連業界に対して、PFASの濃度を定期的にモニタリングし、適切な浄水装置を導入するよう促す声が上がっている。

この研究結果を受け、保健当局は、水道水の安全性に対する認識の向上と、より健康的な水源の選択に向けた啓発活動を行うことが重要であると強調している。特に、妊娠を希望する女性や更年期に直面する女性たちに対して、適切な情報提供とサポートを行う必要があるとの考えを示している。

今回の研究は、水と健康の関連性について新たな側面を明らかにし、公衆衛生政策の改善に役立つものと期待される。今後の研究によって、PFASと生殖健康の具体的な関係性や影響の程度について、より深い理解が深められることが期待される。