Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://patch.com/california/los-angeles/orionid-meteor-shower-peak-how-see-fireballs-socal

オライオニド流星群がピークに達し、南カリフォルニアでの火球鑑賞が楽しめるニュースが飛び込んできました。

南カリフォルニア州立大学の天文学者であるジャック・ハンター博士によると、10月20日から22日にかけて、オライオニド流星群がピークに達し、南カリフォルニアの夜空で活発な活動が予想されています。

オライオニド流星群は、毎年10月頃に観測されるメテオシャワーで、ハレー彗星の破片が地球の大気圏に突入することで生じる美しい現象です。今年のピーク時には、1時間当たり最大20個の流れ星が観測される可能性があります。

南カリフォルニア州立大学の天文台や地元の天文愛好家たちは、この絶好のチャンスに備え、観測地点や観察方法のアドバイスを提供しています。ハンター博士は、視力を保護するために暗い場所や遮光フィルターを使用することを推奨しています。また、深夜から未明の時間帯が最も流星群の活動が観測できる時間帯であるとも述べています。

多くの南カリフォルニアの住民や観光客が、この美しい現象を見るために夜空へと集まることが予想されます。これにより、地元のホテルや観光業者なども経済的な恩恵を受けることが期待されます。

流星好きや天文学に興味がある人々は、このオライオニド流星群のピーク時を逃さず訪れ、南カリフォルニアの美しい夜空で一夜限りのスペクタクルを楽しむことができるでしょう。一年に一度のこの貴重な機会を見逃さず、皆で流れ星の舞いに感動しましょう。

※本記事は元の記事を日本語に翻訳しています。