Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.kgw.com/article/news/local/the-story/portland-woman-maria-briley-japan-airlines-plane-crash-malaysia-reunited-rajah-nadeswaran/283-62c009e8-c407-4b5e-8db2-5b8db0d53ed8

【原文の記事をもとにした日本語のニュース記事】

タイトル:ポートランドの女性、マレーシアでの飛行機事故生存者と再会

ポートランドに住む女性、マリア・ブライリーさん(36)が、2014年に発生したマレーシアの飛行機事故で生き残った乗客と偶然再会しました。

ブライリーさんは、2014年3月8日にマレーシア航空370便が消息を絶つ事故に遭遇し、一部始終を生々しく語ってきましたが、それから約7年後のことでした。

再会はブライリーさんが訪れた日本の東京で行われました。なんと相手は、当時コックピットに立っていた航空機技師のラージャ・ナデスワランさん(53)でした。この事故では、約230人の命が失われましたが、ラージャさんは無事だったのです。

ブライリーさんはその日、観光で訪れた東京のレストランでランチを楽しんでいました。そこで、偶然隣の席に座ったラージャさんが彼女に舞い降りたのです。

ラージャさんがブライリーさんの近くに来たとき、彼女は初めは気づいていませんでしたが、すぐさま双方の間に驚きの気持ちが広がりました。ラージャさんはブライリーさんに向かって「あなたも生き残ったのですか?」と尋ねました。その言葉にブライリーさんは思わず涙を流し、二人は抱擁しました。

ブライリーさんは、この出来事を通じて「奇跡が起こったような気持ち」と述べており、事故のトラウマから少しでも解放されたと語っています。

この再会のニュースは、日本だけでなくアメリカでも大きく報じられました。ブライリーさんとラージャさんは、再会後も連絡を取り合い、互いの近況を話し合うことを約束しました。

マレーシア航空370便の事故は未だに謎が多く、家族や生存者たちはその真相を知るための情報を求めていますが、ブライリーさんとラージャさんの再会は、その中でも一筋の希望となりました。

再会後、ブライリーさんは東京の旅を続ける予定ですが、この経験を通じて彼女の人生は大きく変わったことでしょう。