Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.koin.com/news/portland/weve-never-had-it-like-this-diaper-shortage-causing-crisis-for-low-income-families/

オレゴン州ポートランドの低所得家庭にとって、現在史上前例のない困難が訪れています。おむつの不足により、苦境に立たされています。

新型コロナウイルスのパンデミックがこの地域に広がる中、低所得家庭はますます困難に直面しています。現在、おむつ不足問題が深刻化し、多くの家庭が危機に瀕しています。

先日の報道によると、ポートランドの非営利団体「Mother & Child」は、おむつ不足により、低所得家庭が大きな困難に直面していることを明らかにしました。この団体は、生活保護を受ける必要のある家族に、おむつと他の必需品を提供しています。

「Mother & Child」のエグゼクティブディレクターであるジャネット・ムーア氏は、「私たちはこれまでにこんな事態に直面したことはありません。おむつがないことで、低所得家庭が厳しい状況に追い込まれています。」と述べました。

おむつは、乳幼児の日常的な必需品であり、これが不足することによって、低所得家庭の生活は大きく影響を受けます。おむつの高額な費用は、これらの家庭にとって深刻な経済的負担となっています。

ムーア氏によると、コロナウイルスの流行により、おむつの需要が急増し、サプライチェーンにも問題が生じました。また、経済的打撃を受けた家庭が増えたことも、おむつ不足の要因です。

ムーア氏は、「通常、私たちは家庭ごとに必要なおむつの数を提供していますが、現在は不足しているため、毎回1回につき2週間分のおむつを提供するしかありません。」と語りました。

「Mother & Child」以外の非営利団体や地元の団体も、この問題に取り組んでおり、低所得家庭への応援を行っています。コミュニティ全体が協力し、資金やおむつの寄付を通じて、この危機を乗り越えようとしています。

ポートランド市では、市長や市議会がおむつ不足を深刻な問題と認識し、支援策の検討を始めています。低所得家庭への経済的支援やおむつの供給確保に向けた取り組みが進められています。

おむつ不足は、ポートランドの低所得家庭にとって現在の最大の課題です。この問題の解決策が見つかるまで、地域社会全体が力を合わせ、家庭の支援を行う必要があります。