Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.audacy.com/947thewave/news/l-a-could-lose-usd100m-of-federal-funding

ロサンゼルス、連邦資金の1億ドル喪失の可能性

ロサンゼルス市は、連邦政府からの約1億ドルの資金援助を失う可能性が浮上している。これは、市が履行しなければならない規定を満たしていないためであるとされている。

連邦政府は、ロサンゼルス市が適正な運営と計画を実施することを求めており、その条件を満たせない場合、資金援助が中止される可能性がある。

昨年、市は公衆安全を確保するための一環として、治安部隊への資金の一部を再配分する計画を発表した。しかしこの計画は、警察の予算削減を要求する市民団体の抗議とともに、批判を浴びることとなった。

さらに、連邦政府は、ロサンゼルス市が公立学校の再開を遅らせたことに対しても懸念を表明している。教育省は、学生の教育に必要な支援を受けるために、学校再開計画の提出を要求していたが、ロサンゼルス市はこれに応じていなかった。

もし連邦政府が資金の中止を決定するならば、ロサンゼルス市は教育や治安において打撃を受けることとなる。市議会はこの問題を早急に解決するために、市の予算と計画に手を加えることを検討している。

ロサンゼルス市長は声明の中で、「連邦政府との連携を強化することで、これらの資金を確保するための努力を惜しまない」と述べ、危機的状況を回避しようとしている。

市民や市内の組織は、ロサンゼルス市が必要な措置を講じることで、資金援助の喪失を防ぐよう求めている。今後の状況次第では、連邦政府との協議を通じて問題が解決される可能性もある。