Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.ktvu.com/news/windows-on-market-street-structures-vandalized-with-anti-jewish-messages-jcrc

マーケットストリートの窓がユダヤ人に対する反ユダヤ的なメッセージで損壊される

サンフランシスコ – サンフランシスコのマーケットストリートにある複数の建物が反ユダヤ的なメッセージで損壊され、地域のユダヤ協議会(JCRC)がこの行為を強く非難しました。

JCRCは、金曜日の朝、低い位置の窓がイーストベイエクスプレスウェイの1515番地にあるビルや、近くの他の建物で反ユダヤ的なステッカーや文字で被害を受けたと報告しました。

JCRCの声明によれば、これらの攻撃はこの地域のユダヤ人コミュニティ全体に対する憎悪の行為であり、過激な運動によるものと考えられています。

JCRCの実行委員会副会長であるタイラー・グレゴリー氏は声明で、「このような攻撃は許されるべきではありません。人々が平和や安全な環境で生活できる社会を作るために、共に立ち上がって行動する必要があります」とコメントしました。

警察は、この事件に関する捜査を行っており、被害者や目撃者から情報を募っています。

反ユダヤ的な攻撃は、全国的にも問題となっており、ユダヤ教徒コミュニティから強い憂慮の声が上がっています。JCRCは、外部からの脅威に対するコミュニティの安全への取り組みを強化するためのガイダンスを提供しています。

地域の住民は、このような憎悪的な行為に反対の姿勢を示し、サンフランシスコの多様なコミュニティが結束していることを示しています。

今回の事件を受け、JCRCは地域社会と協力して、真相解明と暴力行為の加害者に対する正義の回復を図ることを約束しました。

この事件についての最新情報は、警察当局やJCRCのウェブサイトで入手できます。