Wed. Apr 24th, 2024

画像の出所:https://www.nbcchicago.com/news/local/president-joe-biden-issues-statement-on-plainfield-township-boy-killed-in-anti-muslim-attack/3251457/

プレジデントジョー・バイデンがプレーンフィールド・タウンシップでイスラム教徒への攻撃で亡くなった少年に関する声明を発表

ワシントンD.C. – アメリカ合衆国のプレジデント、ジョー・バイデンは、イリノイ州プレーンフィールド・タウンシップでイスラム教徒への攻撃により亡くなった少年について声明を発表しました。

この声明は、先日プレイグラウンドでの集団暴行により10代の少年が死亡し、この事件がイスラム教への憎悪犯罪の一例であることを強調しています。

バイデン大統領は声明の中で、「このような攻撃は私たちの国の価値観に反するものであり、全力で非難します。宗教や民族への憎悪は絶対に容認できません。」と述べました。

彼はさらに、「私たちはこの事件に対して迅速かつ厳正な捜査を行い、犯人を必ずや法の下で責任を追及する」と述べました。

この声明は、被害者の家族と地元コミュニティへの連帯と共感を示すものであり、バイデン大統領は「被害者の家族は私たちの心の中におり、彼らと団結することが重要です」と述べています。

イリノイ州プレーンフィールド・タウンシップでは地元住民がこの事件に対してショックを受け、コミュニティ全体が悲しみに沈んでいます。地元のイスラム教コミュニティは、宗教的な結束を強めるために共同の祈りや集会を行っています。

警察当局はこの事件を真剣に受け止めており、犯人の特定と逮捕に全力を尽くしています。

アメリカ合衆国全体に広がるイスラム教コミュニティへの支援の声も上がっており、差別や憎悪犯罪への反対が国の一体感を高めています。

バイデン大統領は最後に、「私たちは全ての宗教や民族、信仰の自由を守る責任を共有しています。このような悲劇が繰り返されないよう、共に闘いましょう。」と述べ、結びました。

この事件を受けて、アメリカの政府や市民は共に立ち上がり、差別撤廃への取り組みを一層強化することが求められています。