Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.sandiegoreader.com/news/2023/oct/13/dvorak-shostakovich-and-the-need-for-a-stick-at-san-diego-symphony/

【サンディエゴ交響楽団】ドヴォルザークとショスタコーヴィチによるスティックの必要性

カリフォルニア州サンディエゴのサンディエゴ交響楽団は、ドヴォルザークとショスタコーヴィチの曲目を演奏する上で、「スティック(指揮棒)」の重要性を語っている。

今年の10月13日、サンディエゴリーダー紙は、サンディエゴ交響楽団が楽団の成長と発展において、指揮者が一体となった役割を果たすスティックの必要性を再評価していることを報じた。

サンディエゴ交響楽団は、過去数年間に渡り、ジェイムズ・マローン指揮者が楽団の首席指揮者に就任してから大きく飛躍し、新たなベンチャーへの取り組みを開始してきた。これは、十分な経験を持つピアニストでもあるマローンの指導力と経営スキルによるものである。

楽団員や関係者たちは、マローンが指揮棒を握る姿勢とそのテクニックに大変感銘を受けており、彼の指導は彼らに活気とエネルギーをもたらしていると述べている。

これまでの実績を振り返りながら、サンディエゴ交響楽団は、スティックが音楽的な統一性や安定感をもたらし、指揮者とオーケストラとの信頼関係を深めることに貢献すると結論付けた。

そして、楽団は、現代音楽の巨匠ドヴォルザークとショスタコーヴィチの作品を演奏することを決定した。このチャレンジングな曲目に取り組む際、楽団は高い調和と一体感を追求する必要があると感じ、スティックの役割について強調している。

楽団関係者は、スティックを用いることにより、指揮者が楽員を正確に導くことができると強調している。スティックは楽曲のテンポや音楽表現のニュアンスを的確に伝えるための重要なツールであるため、指揮者とオーケストラの協力関係を強化し、一体感のある演奏を実現する上で欠かせない存在とされている。

サンディエゴ交響楽団は、これからも指揮者とオーケストラの緊密な連携を大切にし、華麗な演奏を提供し続けることで定評を得ていく予定である。