Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://wgntv.com/news/chicago-news/columbus-day-or-indigenous-peoples-day-chicago-communities-differ-on-holiday-change/

シカゴのコミュニティは、「コロンブスの日」と「先住民の日」の祝日変更で意見が分かれる

シカゴの各コミュニティでは、「コロンブスの日」と「先住民の日」の祝日について、意見が分かれている。

「コロンブスの日」とは、イタリア人航海者クリストファー・コロンブスの到着を称える祝日で、10月第2月曜日に祝われている。一方、「先住民の日」は、アメリカ先住民族の歴史と文化を祝うために提案された祝日である。

この問題は、シカゴ市内の地理的なコミュニティで意見が分かれていることが明らかになった。一部のコミュニティでは、「コロンブスの日」を維持することを主張し、コロンブスの功績とイタリア系アメリカ人の誇りを称えると述べている。

一方で、他のコミュニティでは、「先住民の日」への変更を支持しており、コロンブス到着の歴史的な事実が、先住民族に対する抑圧と差別の象徴であると主張している。

シカゴ市議会議員の中には、「コロンブスの日」を「先住民の日」へ変更するための提案を行っている者もいる。これに対し、イタリア系住民やコミュニティ団体は、「コロンブスの日」は重要な文化的なイベントであり、変更する必要はないと主張している。

議論の結果、シカゴの一部の地域では「先住民の日」に変更する動きが進んでいる一方で、他の地域では「コロンブスの日」が維持される模様だ。

今後、シカゴ市議会はこの問題について対話を続け、最終的な決定をする予定である。