Wed. Apr 24th, 2024

Author: Kenji Shimizu

Kenji Shimizu is a seasoned senior journalist at NihonUSNews, where he has dedicated his career to providing accurate and insightful news coverage to the Japanese-speaking community in the United States. With a wealth of experience and a deep commitment to his craft, Kenji is a trusted source of information for Japanese speakers seeking to understand the intricacies of American life. Throughout his extensive career, Kenji has reported on a wide range of topics, from politics and economics to culture and social issues. His in-depth analysis, thorough research, and engaging storytelling have earned him a loyal readership within the Japanese-American community. Kenji's passion for journalism extends beyond his reporting. He actively participates in events that celebrate Japanese culture and heritage in the United States, fostering connections and a sense of belonging among the community he serves. As a senior journalist at NihonUSNews, Kenji Shimizu continues to play a pivotal role in keeping the Japanese-speaking community informed and engaged. His dedication to providing comprehensive and balanced coverage ensures that NihonUSNews remains an essential resource for its readers. Beyond his journalistic pursuits, Kenji enjoys exploring American cities, discovering local traditions, and engaging with individuals from diverse backgrounds. These experiences not only enrich his reporting but also deepen his understanding of the Japanese-American experience in the United States.

ゼロ・ウェイスト・サンディエゴの寄付食料プラン、残り物を利用して数千人に食事を提供

画像の出所:https://www.nbcsandiego.com/news/local/zero-waste-san-diegos-donated-food-plan-feeds-thousands-with-untouched-leftovers/3495291/ サンディエゴ - サンディエゴの食料品店やレストランは、捨てられる可能性のあった未使用の食材を有機堆肥にする代わりに、地域の困窮者や食料不足の方に提供するプログラムを立ち上げています。 このプログラムは、サンディエゴ市の「Zero Waste(ゼロ廃棄物)」イニシアティブの一環としてスタートしました。ある店舗では、捨てられる可能性のある野菜や果物を袋に詰めて提供し、地域の食糧銀行に寄付するようにしています。 この取り組みにより、未使用の食材が無駄になることなく再利用され、地域の困窮者や食料が不足している人々に喜びを届けることができています。ボランティアたちもこのプログラムに参加し、数千人に食料を提供することができました。 サンディエゴ市の市長は、このプログラムが成功を収めていることを称賛し、今後も地域社会に貢献できるように取り組んでいきたいと述べました。今後も、地域の企業や団体がこの取り組みに参加し、サンディエゴの食料廃棄物削減を推進していく予定です。

サードパーティーのメトロアプリでの銃の広告が注目を集める

画像の出所:https://www.nbcwashington.com/news/local/transportation/gun-ad-on-3rd-party-metro-app-grabs-attention/3598630/ 3rdパーティーのメトロアプリで広告を見かけた方が銃をナビゲートしている写真で注目を集めています。この広告は、地元の銃取引業者であるBlue Ridge Arsenalのもので、メトロ乗客の間で議論を巻き起こしています。 この広告は、メトロの正式なアプリではなく、サードパーティーのアプリで見られるため、メトロの広告ポリシーには適合しているかどうかは明確ではありません。地元の団体は、このような広告が公共の交通機関で表示されるべきではないと主張していますが、Blue Ridge Arsenalは、銃を合法的に所有する人々に向けて広告を出しており、差別的な意図はないとしています。 メトロの広報担当者は、「メトロの広告ポリシーに準拠する限り、広告主の政治的信念に関する規定はない」と述べています。メトロは、広告主が法令を遵守し、一般の安全や秩序を乱すような広告を掲載しないよう注意を払っているとしています。 この広告は、地元の人々の間で賛否両論を巻き起こしており、今後も議論は続くことが予想されます。

高等教育における保守主義の動きにより、DEIプログラムが危機にさらされています。

画像の出所:https://www.washingtoninformer.com/diversity-equity-inclusion-universities-dc/ ワシントン大学における多様性、公平性、包摂に向けた取り組みに注目 ワシントンインフォーマーによると、ワシントンD.C.の大学は、多様性、公平性、包摂の重要性を強調し、それらの価値観を共有する団体と協力している。これらの大学は、学生や教職員が多様なバックグラウンドや経験を持ち、それぞれが自分のアイデンティティを尊重される環境を提供することを目指している。 大学は、多様な学生のニーズに対応するために、多様性プログラムやカウンセリングサービス、学生団体などを活用している。また、公平性を確保するために、差別や偏見を根絶し、すべての人が公平な扱いを受けられるよう努めている。 さらに、大学は包摂を促進するために、コミュニティに対する貢献や協力を重視しており、地域社会とのパートナーシップを築いている。これにより、大学は多様性を受け入れ、公平な機会を提供し、すべての人が安心して学べる環境を実現している。 ワシントンD.C.の大学は、多様性、公平性、包摂を重視し、それらの価値観に基づいた取り組みを行っていることが注目されている。今後もさらなる取り組みが期待されている。

Nu Sass Productionsが、2024年シーズンのDC初演と新しいパートナーシップを発表

画像の出所:https://www.broadwayworld.com/washington-dc/article/Nu-Sass-Productions-Announces-2024-Season-Featuring-DC-Premieres-and-New-Partnerships-20240422 ワシントンDC、2024年シーズンにDC初演や新しいパートナーシップを特集するNu Sass Productionsが発表されました ワシントンDCの劇団Nu Sass Productionsが2024年のシーズンについて発表しました。このシーズンでは、ワシントンDC初の舞台作品が上演されるほか、新しいパートナーシップが結ばれる予定です。 Nu Sass Productionsは、ワシントンDCを拠点とする芸術家集団で、幅広い舞台作品を提供しています。彼らのシーズンは、地元の演劇ファンや観客にとって非常に楽しみなものとなることが期待されます。 Nu Sass Productionsの共同設立者であるアンナ・ゼルノフは、「2024年のシーズンを通じて、より多くの観客に我々の舞台作品を楽しんでもらえるよう努めていきます。DC初演や新しいパートナーシップによって、さらなる芸術の魅力を提供していきます」とコメントしました。 今後のシーズンについての詳細な情報や舞台作品のスケジュールは、Nu Sass Productionsの公式ウェブサイトで随時更新される予定です。舞台芸術を愛する方々にとって、2024年のシーズンは見逃せないものとなるでしょう。

ベルトラインにおける大規模なバンクヘッド提案が前進する

画像の出所:https://atlanta.urbanize.city/post/bankhead-development-beltline-massive-westside-trail-takes-step-forward ベルトラインBANKHEADプロジェクト、マッシブなウェストサイドトレイルが前進 アトランタの大規模な開発プロジェクト、ベルトラインBANKHEADにおいて、ウェストサイドトレイルが大きな前進を遂げました。このプロジェクトはアトランタ市内の再開発を進め、地域経済の拡大と住宅の需要に応えることを目指しています。 ウェストサイドトレイルは、BANKHEADプロジェクトの一環として、ウェストエンド地区からモリスブラウン地区にかけて延びる計画で、ウォーカーズ・ファーム地区やボズマン・ロード周辺の再開発も含まれています。このプロジェクトは、地域の景観とアクセシビリティを向上させることで、市民の生活をより豊かにすることを目指しています。 ウェストサイドトレイルの前進には、地元のコミュニティーとの協力が不可欠です。このプロジェクトは、地元コミュニティーとの協力によって、より良い未来を築くための重要な一歩を踏み出しています。 今後も、ベルトラインBANKHEADプロジェクトは、地域の未来をより美しく、豊かにするために取り組んでいきます。地元の皆さんのサポートを得ながら、より良いアトランタを築いていくことが期待されます。

南西アトランタのジャマイカ料理レストランのオーナーは、火災後にフードトラックで営業すると述べる

画像の出所:https://www.wsbtv.com/news/local/atlanta/owner-southwest-atlanta-jamaican-restaurant-says-it-will-operate-out-its-food-truck-after-fire/VR4BVJOEMBFZ3GZFCRNV2EVL2Q/ 南西アトランタのジャマイカ料理レストランのオーナーは、火災の後も食品トラックで営業を続けると述べました。 アトランタにあるCaribbean Chicken & Fish Restaurantのオーナーであるセドリック・フラムは、火曜日の夜に発生した火災で店舗が大きな被害を受けた後、自身のFacebookページで声明を発表しました。 火災の状況については詳細が明らかにされていませんが、フラムは声明で、従業員と顧客が負傷することはありませんでしたと述べています。 フラムは、「私たちの店舗が閉鎖される可能性が高いですが、私たちはこの困難な時期を乗り越えるために、Caribbean Chicken & Fishトラックで営業を続けるつもりです。」と述べました。 フラムはまた、支援と理解に感謝の意を表し、「これは私たちにとって驚くべき旅になるでしょう。私たちは再び立ち上がり、より強くなることができます。」と締めくくりました。

思い出のアトランタ:食事やダンスを楽しみに行く3つのアイコニックな場所

画像の出所:https://www.ajc.com/things-to-do/throwback-atlanta-3-iconic-places-to-dine-and-dance/ESUHEUHB6BCTRMLA2QJ5RDMCOE/ アトランタでダイニングとダンスを楽しむ3つの象徴的な場所 アトランタは、歴史的なダイニングとダンスの場所で知られています。この記事では、アトランタで楽しめる3つの象徴的な場所を紹介します。 ベン・ジューニアーズ・ラウンジ – このアトランタのアイコン的なレストランは、ソウルフードとリヴ・ミュージックのおかげで有名です。ホリー・スプリングス・ロードに位置し、フライドチキンやコーンブレッドなど、クラシックな南部料理が楽しめます。さらに、ライブバンドやDJが毎晩演奏を行っており、ダンスフロアで楽しみたい方には最適の場所です。 メリンダとハミルトン – このアトランタの有名なダンスクラブは、メリンダ・アベニューに位置しています。バラエティ豊かな音楽が流れ、多くの人々がダンスフロアで踊っています。ダンスが好きな方には、ぜひ訪れてみてください。 スマイリーズ・バイ・ザ・レイク – このレストランは、アトランタで最も古いダイニングデスティネーションの1つです。ピーチツリーストリートに位置し、美味しいシーフードやステーキが楽しめます。さらに、毎週金曜日と土曜日にはライブミュージックが提供され、リラックスしながら食事を楽しむことができます。 アトランタを訪れる際は、これらの象徴的な場所で美味しい料理を楽しみ、楽しいダンスの夜を過ごすことができます。是非、アトランタの魅力を満喫してください。

アトランタ、ジョージアでのEarth Day 2024の活動やイベント

画像の出所:https://www.11alive.com/article/tech/science/environment/earth-day-2024-activities-events-atlanta/85-4ba97f07-93bc-4a4c-9a3d-6fb49d7ca89e 2024年の地球デーは、アトランタでの様々な活動やイベントを盛り上げています。 地球デーは、毎年4月22日に行われる環境保護のための国際的なイベントであり、2024年も例外ではありません。アトランタでは、地球デーを祝うために様々なアクティビティやイベントが開催される予定です。 この記事では、地球デーに関連するいくつかのイベントが紹介されています。その中には、環境にやさしい製品を使ったワークショップや、再生可能エネルギーについてのセミナーなどが含まれています。 また、地球デーに関連する慈善団体や団体もアトランタでのイベントに参加する予定です。これらの団体は、地球環境の保護や持続可能な開発に関心を持つ人々に情報を提供することを目的としています。 アトランタの地球デーイベントは、地域の人々に環境問題について考える機会を提供するだけでなく、地球環境を守るために何ができるかを学ぶ機会でもあります。2024年の地球デーを祝うために、アトランタの様々なイベントにぜひ参加してみてください。

ダウンタウンのL.A.ライブで開催されるピザシティフェスティバルは、限りなく提供されるステラーラインアップのピザを持ち込む-KABC

画像の出所:https://abc7.com/pizza-city-fest-returns-to-la-live-downtown/14715813/ ピザシティフェストがLA Liveで開催される ロサンゼルス- ピザ愛好家のためのイベント「ピザシティフェスト」がLA Liveで開催される。今週末に始まるこのイベントでは、様々なピザ店が参加し、美味しいピザを提供する。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、今年は再び開催されることになった。 ピザシティフェストは、LA Liveのダウンタウンに位置するエンターテイメントコンプレックスで行われる。このイベントは、ピザファンや地元の飲食店を支援するために開催されるもので、参加店舗はこぞって美味しいピザを提供する予定だ。 今年のピザシティフェストは、多くの人々がインタラクティブな体験を楽しめるような形で行われる予定だ。ピザの試食やクラフトビールの提供、音楽やエンターテイメントなどが用意されている。イベントに参加する人々は、楽しい時間を過ごすだけでなく、地元の飲食店をサポートすることができる。 ピザシティフェストは、ピザ愛好家や地元の飲食店をつなぐ機会となるだろう。イベントは今週末から始まり、多くの人々が参加を楽しみにしている。ご家族や友人を連れて、LA Liveで楽しいひとときを過ごしてみてはいかがだろうか。