Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://missionlocal.org/2023/10/mission-street-vendors-oppose-upcoming-ban/

ミッション地区のストリートベンダーが予定されている規制に反対

サンフランシスコ市ミッション地区のストリートベンダーは、近日中に施行される規制に強く抗議しています。彼らは、新たな規制が彼らのビジネスに深刻な打撃を与える可能性があると主張しています。

市議会は、ミッション地区の通りでのストリートベンダー活動を制限する法案を可決しました。この新たな規制によって、ベンダーは特定のエリアでの営業時間が制限され、営業できる日数も減少します。また、許可の手続きも厳格化されることになります。

これに対し、ミッション地区のストリートベンダーは、彼らの生計に重要な影響を及ぼすこの規制に強く反対しています。彼らは、自身のビジネスを守るために共同行動を起こしています。

集まったストリートベンダーたちは、「私たちはミッション地区の一部として長い間働いてきたのです。私たちには家族があり、責任があります。これまでのように街頭で販売することによって生計を立ててきました。新たな規制が施行されれば、私たちの仕事は大きく制限され、生活は困難になってしまいます」と話しました。

さらに、彼らは市が行っている公共料金引き上げなど、彼らのビジネスに対する他の影響にも不満を抱いています。彼らは、市当局によってより多くのベンダーが承認を受けるようにするための提案を行うよう要求しています。

ミッション地区の地元住民たちは、ストリートベンダーが彼らの地域経済に貢献していることを強調し、彼らを支援する声を上げています。彼らは、ミッション地区のストリートベンダーが文化の一部であり、彼らの存在が地域の魅力を高めていると主張しています。

一方、市議会議員たちは、新たな規制が公共の安全や衛生面を改善するために必要であると主張しています。彼らは、ベンダーの数を制限することによって、混雑を緩和し、市民の安全を確保することが目的だと強調しています。

ミッション地区のストリートベンダーと市当局の対立は、この問題に関する意見の相違を浮き彫りにしています。今後の議論と交渉が行われるなか、ミッション地区のストリートベンダーたちは、自分たちの存在を守り抜くために、様々な手段を模索していくことでしょう。