Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.nbcchicago.com/consumer/major-chicago-area-utilities-are-pushing-for-rate-hikes-here-are-their-explanations-why/3258247/

シカゴ周辺の主要な公共料金事業体が料金値上げを進めている
シカゴ─ 6月15日、シカゴ周辺の主要な公共料金事業体は、料金値上げを進めることを発表しました。その理由について説明しました。

コモンウェルス・エジソン(Commonwealth Edison)は、エネルギー供給の維持と改善を目的として、8250万ドルの料金値上げを提案しました。同社は、設備の近代化やエネルギーシステムの耐久性向上に向けた投資が必要だと主張しています。これにより、将来的には停電や供給の安定性の向上が期待されます。

一方、ニコールギャッツ(Nicor Gas)は、2670万ドルの料金値上げを提案しました。同社は、設備のアップグレードやパイプラインの補修のために積極的な投資が必要であると主張しています。これにより、ガス供給の安全性と効率が向上すると予想されます。

また、北シャイアーズ(North Shore Gas)も料金値上げを訴え、1200万ドルの値上げを提案しました。同社は、古いガスメーターの交換や設備の近代化が必要であると主張しています。これにより、システムの信頼性や効率性の向上に繋がるでしょう。

これらの提案に対しては、市民からは賛否両論が出ています。一部の市民は、投資の必要性を認めつつも、家計に対する負担増に懸念を抱いています。しかし、公共料金事業体は、新たな料金体系によってより良いサービスが提供され、インフラの更新・改善による利益がもたらされると主張しています。

これらの料金値上げの最終決定は、関連する地方当局によって行われます。市民の声や公聴会での意見交換が重要な要素となることが予想されます。今後の展開に市民の関心が高まる中、公共料金事業体と市民との協力が必要とされています。