Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://abc13.com/centerpoint-energy-strike-vote-contract-proposal-authorization/13934837/

センターポイント・エナジー従業員、契約提案の承認のためにストライキを投票

 テキサス州ヒューストン市- センターポイント・エナジーの労働者は、現在の労働条件に不満を持ち、会社が提案している契約内容に懸念を抱いているため、ストライキに関する投票を行うことを決定しました。

 センターポイント・エナジー従業員労働組合は、数ヶ月にわたって労使交渉を行ってきたが、双方が意見の調整に成功していないため、交渉の行き詰まりを受けてストライキを検討した結果です。

 センターポイント・エナジーは、電力およびガスの提供者としてテキサス州内で重要な役割を果たしており、従業員はエネルギー供給の維持と安定を支えるために日々働いています。しかし、労働者側は、これまでの契約に基づく給与や労働条件に不満を抱き、さらに新たな提案も不十分であると主張しています。

 センターポイント・エナジー労働組合の代表者によると、現在の契約では、労働者が増える電力需要に対応するための適切な給与上昇がなされていないだけでなく、健康保険や休暇といった労働条件に関する問題も存在するとのことです。彼らは、より公正な給与と福利厚生を求めていると述べています。

 一方、センターポイント・エナジー側は、労働者に対して公正な提案を行っていると主張しています。会社のスポークスパーソンは声明の中で、「我々は従業員の貢献を高く評価し、彼らの要望を真剣に考慮しています。提供している契約は公正かつ競争力があり、電力業界において普通の範囲に収まっています。」と述べました。

 ストライキ投票の結果を受けて、センターポイント・エナジー労働組合は、会社の提案に対する要望をより具体的に提示するための交渉の再開を要求しました。一方で、ストライキが実施されるかどうかは、労働者の結集次第であり、まだ最終的な結論は出ていません。

 センターポイント・エナジー労働組合のストライキによる影響が出ないよう、両者は迅速な合意形成を目指し、さらなる労使交渉が行われることになります。今回のストライキ投票は、テキサス州内の電力およびガス供給に大きな影響を及ぼす可能性があるため、注目が集まっています。