Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.fiftyplusadvocate.com/2023/10/16/260340-massachusetts-ranked-one-of-top-states-for-lgbtq-retirees/

マサチューセッツ州、LGBTQ(性的少数者)の定年退職者にとってトップの州と評価される

サマービル,マサチューセッツ州 – 2023年10月16日
先進的なLGBTQポリシーとオープンマインドな社会へのコミットメントにより、マサチューセッツ州がLGBTQの定年退職者にとってトップの州と評価されました。

米国のシニア向け情報ウェブサイトであるフィフティプラスアドボケイトによると、定年時の生活品質において特に支援的な州のランキングでマサチューセッツ州が第一位に選ばれました。同ウェブサイトは、政策、法律、社会的な受容性などの要素を基にランキングを決定しました。

マサチューセッツ州には、LGBTQコミュニティをサポートするための綿密な法的枠組みやリソースが整っています。州内には包括的な反差別法があり、LGBTQコミュニティへの保護や平等な機会を提供しています。さらに、同性結婚が認められたのもこの州が初めてであり、LGBTQの婚姻平等を推進しています。

定年退職者やシニア世代に対する経済的な安定性も、マサチューセッツ州が選ばれた要因の一つです。この州は高い医療水準と高等教育を誇り、退職後も利用できるリソースやプログラムが充実しています。

フィフティプラスアドボケイトのウェブサイトに掲載されたランキングによれば、マサチューセッツ州はLGBTQ定年退職者にとって最高の居住場所と位置づけられています。この評価は、同州が高いテクノロジーの利用率、文化的多様性、トレンディな交流イベントなど、さまざまな要素を備えた極めてオープンな社会を提供していることを反映しています。

サマービル市長のジョン・ユニヨン氏は、「マサチューセッツ州がLGBTQ定年退職者にとって最適な環境であることを誇りに思います。私たちは多様性とインクルージョンの推進に力を入れており、サマービル市もマサチューセッツ州に貢献しています。私たちは、LGBTQの方々が自分らしく生きることができる社会を維持し、将来のLGBTQ世代へと受け継いでいくことを目指しています」と述べました。

マサチューセッツ州は、しばしばプログレッシブな政策と先進的な社会の象徴とされ、LGBTQ定年退職者にとっては理想的な場所とされています。これにより、ますます多くのLGBTQの定年退職者が同州を選択し、地域社会の多様性と繁栄に貢献することが期待されています。