Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.kxan.com/weather/eclipse/eclipse-tips-why-you-need-glasses-to-prevent-permanent-eye-damage-during-an-eclipse/

日本語原稿:

日食時に永久的な目の損傷を避けるために、なぜ眼鏡が必要なのか

流れ星ニュース – 8月21日、アメリカの天文ファンは、北米で起こる一部日食を楽しむことができる。しかし、専門家は、日食を観察する際には十分な注意が必要であると警告している。実際、特殊な目の保護具なしで日食を観察すると、永久的な目の損傷を引き起こす可能性があることがわかっている。

この現象に影響を与えるのは、太陽の強烈な紫外線および赤外線光である。普段は目を守ってくれる角膜は、日食時に太陽の光の一部を遮るが、光自体が非常に強力であるため、完全に守ることはできない。そのため、日食を観察する場合、日食専用の保護めがねやフィルター付きカメラなどを使用する必要がある。

テキサス州立大学の天文学者であるトーマス・ピーキンズ教授は、「日食時に太陽を見ると、まばゆい光が直接目に入る可能性があります。これは、角膜や網膜への深刻なダメージを引き起こす可能性があります」と述べています。同教授は、保護装置の使用を強く勧めている。

また、保護めがねを選ぶ際にもいくつかのポイントに留意する必要がある。まず、信頼性のあるメーカーからのものを選び、その製品がISO 12312-2安全規格に準拠していることを確認するべきだ。市販のサングラスは、保護能力が弱い場合があるため注意が必要である。

日食は観察するだけでなく、カメラやスマートフォンで撮影することも多いが、専門家は撮影にも注意が必要であると指摘している。特に、普段は裸眼で見えない太陽の光をカメラが拡大するため、目に与える影響も大きくなる。いくつかのカメラやスマートフォンには、専用のフィルターが装備されており、これを利用して撮影することが推奨されている。

最も重要なのは、観察や撮影を行う際に、安全が最優先であることを理解し、正しい保護手段を選択することである。これにより、忘れられない一部日食を安全に楽しむことができるだろう。