Thu. Jul 25th, 2024

Category: ロサンゼルスのニュース

トランスプライドLAは、ロサンゼルスLGBTセンターで25周年を祝い、栄誉と洞察を得る

画像の出所:https://thepridela.com/2024/06/trans-pride-la-celebrates-25-years-with-honors-and-insights-at-los-angeles-lgbt-center/ ロサンゼルスLGBTセンターで、トランスプライドLAが25周年を祝う ロサンゼルス— トランスプライドLAは、ロサンゼルスLGBTセンターで25周年を祝い、活力と多様性の講座を開催しました。今年の祝典では、数々の栄誉と洞察が贈られました。 イベントには、地域のトランスコミュニティから人々が集まり、多くの参加者がセンターの庭で集会を楽しみました。トランスプライドLAの25周年を祝うイベントは、センターにとっても特別なものであり、トランスコミュニティの重要性を称える機会でもありました。 式典では、活動家やリーダーたちが登壇し、トランスコミュニティの歴史や未来について語りました。また、25年間で達成された進展や今後の課題についても議論が行われました。 ロサンゼルスLGBTセンターの代表者は、「トランスプライドLAの25周年を祝うことは、私たちにとって重要なマイルストーンです。トランスコミュニティの重要性を認識し、一緒に歩んできたことに感謝しています。今後も、トランスプライドLAを支援し、コミュニティ全体の包摂性を追求していきます」と述べました。 トランスプライドLAの25周年を祝う祝典は多くの参加者が集まり、センターにとっても特別なものとなりました。今後もトランスコミュニティの発展や包摂性の向上に向けた取り組みが続けられることが期待されています。

これは米国で家を購入するのが最も簡単な地域です:NBCニュースのホームバイヤー指数

画像の出所:https://www.nbclosangeles.com/news/business/money-report/these-are-the-least-difficult-areas-in-u-s-to-buy-a-home-nbc-news-home-buyer-index/3442496/ 全米で家を買うのが最も簡単な場所はどこでしょうか。NBCニュースが発表した「NBC News Home Buyer Index」によると、アメリカで最も簡単に家を買うことができる地域は、アイダホ州コー・ダリーン市、ユタ州プロボ市、バーモント州バーリントン市だと言われています。 この調査では、物件の価格、住宅市場の需要と供給、モーゲージの信用スコアなどを基にランキングが決定されました。これらの都市は、住宅市場が安定しており、家を購入するプロセスが比較的簡単であるとされています。 これに対して、最も家を買うのが難しい地域は、カリフォルニア州サンフランシスコ、ワシントンD.C.、ハワイ州ホノルルだと報告されています。これらの地域は高い住宅価格や需要が供給を上回っていることが挙げられています。 家を買う際には、地域の状況や市場動向を考慮することが重要です。これから家を購入を考える方は、この調査結果を参考に検討すると良いでしょう。

Trans Pride LAがロサンゼルスLGBTセンターで25年の経過と栄誉、洞察を祝う

画像の出所:https://thepridela.com/2024/06/trans-pride-la-celebrates-25-years-with-honors-and-insights-at-los-angeles-lgbt-center/ ロサンゼルスのLGBTセンターでトランスプライドLAが25周年を祝う 6月20日、ロサンゼルスのLGBTセンターでトランスプライドLAが25周年を祝いました。このイベントでは、多くの人々が集まり、トランスジェンダーコミュニティのための支援と啓発について話し合われました。 イベントでは、過去25年間にトランスプライドLAが達成した成果や、将来の目標について議論が行われました。また、トランスプライドLAの立ち上げに貢献した人々に表彰状が贈られ、感謝の気持ちが表されました。 トランスプライドLAのメンバーは、過去の困難や苦難を乗り越え、今日の成功に至った経験を共有しました。トランスジェンダーコミュニティの結束を強化し、より包括的な社会を築くために努力を続けることが強調されました。 これからも、トランスプライドLAはトランスジェンダーコミュニティの発展と支援に貢献し続けることでしょう。ロサンゼルスのLGBTセンターでのこの記念すべきイベントは、トランスプライドLAの歴史と将来の展望を示すものとなりました。

インタビュー:EXPATRIATEDの共同執筆者&パフォーマー、ドミニク・ロバーツ&キャンデス・リョン

画像の出所:https://www.broadwayworld.com/los-angeles/article/Interview-EXPATRIATED-co-writers-performers-Dominique-Roberts-Candace-Leung-20240623 ニュース速報:EXPATRIATED 共同著者、演者のドミニク・ロバーツ、キャンディス・リュウンがインタビュー ロサンゼルス(BroadwayWorld)- 新しい劇作品「EXPATRIATED」の共同著者および出演者であるドミニク・ロバーツとキャンディス・リュウンが、最新のインタビューで作品について熱く語った。 この劇作品は、異なる文化や国々で起こる出来事を通して、人種差別や排他的な態度について考えさせられる物語として注目を集めている。ロバーツとリュウンは、共同で作品を執筆し、演じることによって、観客に重要なメッセージを伝えようとしている。 インタビューでは、二人がそれぞれのキャラクターについて語る一方で、作品の舞台裏や制作過程についても明かしている。EXPATRIATEDは、6月25日から28日までロサンゼルスの劇場で上演される予定である。 観客は、ロバーツとリュウンが演じる熱演と、新しい視点から考えさせられる劇作品に期待を寄せている。

11月の投票用紙からの税制措置をブロックするカリフォルニア最高裁

画像の出所:https://westsidetoday.com/2024/06/20/california-supreme-court-blocks-tax-measure-from-november-ballot/ カリフォルニア最高裁判所が11月の投票用紙から税金措置をブロック カリフォルニア最高裁判所は、11月の投票用紙から派生した提案を排除するため、広範囲な税金の措置に関する投票を阻止しました。裁判所は、この提案が誤解を招く可能性があり、選挙運動の透明性に欠けると判断しました。この決定は、州内で賛否が分かれる原案をめぐる議論を再燃させる可能性があります。 この提案は、カリフォルニア州の住民に対して所得税と住宅税が引き上げられる可能性があるとして、様々な憶測を呼んでいました。これに対し、一部の支持者は州の財政状況を改善するために必要不可欠な措置であると主張していました。 しかし、反対派はこの提案が州民に過度の負担を強いるものであるとして猛烈に反発していました。最高裁判所の決定により、この議論は一時的に終息することになりましたが、将来的な展開に注目が集まっています。 この提案に関する情報は、広報キャンペーンやメディアの報道を通じて広く国民に伝えられました。最高裁の判断が政治的な混乱を招く可能性があるため、関係者は今後の方針を慎重に検討する必要があります。

コロンビア大学のB.A.の学費は50万ドルかかるかもしれません:アメリカで最も高い大学進学費用のトップ10をご紹介します。

画像の出所:https://www.nbclosangeles.com/news/business/money-report/a-b-a-from-columbia-could-cost-500000-here-are-the-top-10-most-expensive-places-in-the-u-s-to-go-college/3442187/ アメリカで大学に通うことはお金がかかることはよく知られていますが、最近公表されたデータによると、コロンビア大学での学費は500,000ドルに達する可能性があります。これはアメリカで最も高い教育機関の1つであり、全米でも最も高い教育費を要する大学のトップ10に入ることがわかりました。 このデータは、教育関連の研究機関によって集計され、アメリカで最も高い学費を要する大学をリストアップしたものです。その結果、コロンビア大学はアメリカで最も高い学費を要する大学の1つとして挙げられました。 他のランキングに入った大学には、ハーゼンディーン・プリチャード・ルギアー大学やマサチューセッツ工科大学などがあります。これらの学校も教育費が高額であり、学生や家族にとって負担が大きいことがわかります。 アメリカでは高等教育の費用が高騰しており、大学に通うことがますます難しくなっています。そこで、奨学金や助成金などの支援制度が非常に重要になっています。今後も大学費用の問題について注目が集まることが予想されます。

劇作家ロジャー・Q・メイソン氏が新作劇祭は「カノンを変える」と語る

画像の出所:https://spectrumnews1.com/ca/la-west/arts/2024/06/21/playwright-roger-q–mason-says-new-play-festival-is–changing-the-canon–of-american-theatre 劇作家ロジャーQ・メイソン氏、「新しい演劇祭はアメリカの劇のキャノンを変える」と述べる アメリカの劇のキャノンを変革しようとするアーティストたちが新たな取り組みを始めました。劇作家のロジャーQ・メイソン氏は、最近の記事で、新しい演劇祭が従来の常識を覆す可能性を秘めていると述べました。 この演劇祭は、アメリカの劇を象徴する作品を披露することで、より幅広い視野を持つ人々に扉を開くことを目指しています。メイソン氏は、「この演劇祭が成功すれば、アメリカの文化的景観が大きく変わる可能性がある」と語りました。 この取り組みは、劇の枠を超えることで、より多様な視点や物語がアメリカの舞台に登場することを目指しています。メイソン氏は、新しい才能やアイデアを探し、より包括的な舞台を提供することが不可欠だと強調しました。 この新しい演劇祭は、アメリカの劇のキャノンを変える可能性を秘めているとされ、多くの人々が注目を集めています。今後の展開に期待が高まっています。

ラ・シエネガで進行中の新しいコンセプト

画像の出所:https://whatnowlosangeles.com/new-concept-in-the-works-on-la-cienega/ LA Cienegaで新しいコンセプトが計画中 Los Angeles(ロサンゼルス)- 地域のホスピタリティジャイアント、Blackhouse Hospitality(ブラックハウスホスピタリティ)が、LA Cienega(ラシエネガ)通りに新しいコンセプトを開発している。 この新しいプロジェクトには、過去に『The Hudson(ハドソン)』と『The Churchill(チャーチル)』などの人気レストランを手掛けたジョン・ニー(John Nei)も参加している。ブラックハウスホスピタリティの共同創設者であるダニー・ビシャラ(Danny Bitar)は、「私たちはLA Cienega通りに新しいコンセプトを持ち込むことで、地域社会に新たなエクスペリエンスを提供したいと考えています」と述べている。 LA Cienega通りは、多様な飲食店やショップで知られるエリアであり、新しいコンセプトが登場することでさらなる活気を取り戻すことが期待されている。 ビシャラ氏は、「私たちの目標は、地元コミュニティーに素晴らしい場所を提供することです。我々は地域の文化と歴史に敬意を払いながら、新しさと創造性を取り入れた斬新なコンセプトを展開していきます」と語っている。 新しいプロジェクトの具体的な内容や開業の時期についてはまだ公表されていないが、地元住民や飲食業界関係者からの期待が高まっている。

LAカウンティの保安官のボランティアがギリシャに向かい、行方不明の退職した副保安官を捜索するのを手伝う – KABC

画像の出所:https://abc7.com/post/los-angeles-county-sheriffs-department-sending-volunteers-help/14985942/ ロサンゼルス郡保安官局がボランティアを派遣して支援する ロサンゼルス郡保安官局は、COVID-19パンデミックの中で高まる犯罪に対応するため、志願者を派遣することを決定しました。この決定は、警察署員の不足によるもので、警察署は特に緊急事態に対処するために必要なリソースを提供することができない状況にあります。 郡保安官局の広報担当者によると、ボランティアは訓練を受け、特定の任務に割り当てられる予定です。これにより、警察署員による犯罪の抑止力が向上し、地域全体の安全が確保されると期待されています。 ボランティアは、警察署に提供される装備や訓練を受け、警察署の指示に従うことが求められます。彼らは積極的に協力し、地域の安全を守るために尽力すると約束しています。 最近の報告によると、ロサンゼルスでは犯罪率が上昇しており、警察署はこの問題に対処するためにボランティアの支援を取り入れることを決定しました。保安官局は、地域の安全を守るために全力を尽くすとしています。 記事全文:https://abc7.com/post/los-angeles-county-sheriffs-department-sending-volunteers-help/14985942/

LAPD、ロサンゼルスのキリスト教書店経営者が射殺されて麻痺した後、25000ドルの懸賞金を提供 – KABC

画像の出所:https://abc7.com/post/lapd-offer-reward-after-la-christian-bookstore-owner-luis-hernandez-left-paralyzed-in-shooting/14984617/ LA市のキリスト教書店経営者、ルイス・ヘルナンデス氏、射殺で重傷を負い動けない状態に アメリカ、ロサンゼルス(LA)市内のキリスト教書店のオーナー、ルイス・ヘルナンデス氏が犯人に射殺され、重傷を負い、足を動かすことができない状態になっていることがわかりました。ロサンゼルス警察(LAPD)はこの事件で情報提供者に報奨金を出すことを発表しました。 ルイス・ヘルナンデス氏は自ら設立したキリスト教書店を経営しており、地元のコミュニティに愛されていました。しかし、最近、店舗での射撃事件に巻き込まれ、重傷を負いました。 警察は、事件の詳細や容疑者情報を提供してくれる情報提供者に最大$50,000の報奨金を支払うとしており、事件の解明に全力を挙げています。 地元の住民からは事件を悲しむ声が上がっており、これまでにもストアからの脅迫や暴力事件が多発していたことも指摘されています。事件の背景や動機についての調査が進められていますが、容疑者の特定には至っていません。