Wed. Apr 24th, 2024

Category: シアトルのニュース

‘Persist!’ 展示はシアトルの活動家の10年を記録する

画像の出所:https://www.realchangenews.org/news/2024/04/17/persist-exhibit-chronicles-decade-seattle-activism シアトルの活動を記録した「持続する」展示会が開催中 シアトルの活動家たちの10年間にわたる活動を記録した展示会が、シアトルで開催されています。この展示会は、シアトルのリアルチェンジニュースによって主催されており、シアトルのコミュニティでの活動に焦点を当てています。 「持続する」というタイトルの展示会は、シアトルの活動家たちが取り組んだ様々な問題についての写真や文章を通じて、その取り組みを紹介しています。展示会の目的は、シアトルの活動家たちが直面してきた課題について議論を深め、社会変革を促進することです。 展示会には、シアトルのさまざまな団体や個人が参加しており、地域社会での活動を支援しています。参加者たちは、展示会を通じて、自らの声を届けることができる場を提供されています。 「持続する」展示会は、4月17日から5月30日まで開催されています。興味のある方は、シアトルのリアルチェンジニュースのウェブサイトで詳細を確認できます。展示会を通じて、シアトルの活動家たちの取り組みについて学び、そして自らも社会変革に参加するきっかけとなるかもしれません。

シアトルのサンライズ地球デー教育セッション:マレー上院議員にバイデン大統領に気候緊急事態宣言を要請するよう促す!ヘンリーM.ジャクソン連邦ビルで – 4月19日金曜日、ワシントン州シアトル

画像の出所:https://everout.com/seattle/events/sunrise-seattle-earth-day-teach-in-tell-senator-murray-to-urge-biden-to-declare-a-climate-emergency/e174538/ シアトルでのサンライズイベント、アースデーのティーチイン、そしてマレイ上院議員への要請活動、バイデン大統領に気候緊急事態宣言を求める シアトルの若者たちが、4月22日にサンライズシアトル主催のアースデーのティーチインに参加し、気候変動への対応を求めました。参加者たちは、気候変動に対処するためにバイデン大統領に対し、緊急事態宣言を出すよう求めるために、パティ・マレイ上院議員に働きかけを行いました。 イベントでは、気候変動の重要性についての議論や情報共有が行われ、バイデン大統領に気候緊急事態宣言を出すよう促す理由や方法についても話し合われました。サンライズシアトルのメンバーは、気候変動に対する緊急対策の必要性を強調し、若者たちが政治に参加し、声を上げる重要性を訴えました。 パティ・マレイ上院議員は、若者たちの要望に耳を傾け、バイデン大統領に気候緊急事態宣言を出すよう働きかけることを約束しました。気候変動問題への取り組みを加速させるために、市民と共に行動する準備が整ったと述べました。 今後もサンライズシアトルや地域の活動家たちは、気候変動問題に取り組みながら、政府や企業に対し影響を与えることを目指して行動を続ける予定です。

今週のシアトルと周辺で行うべき10のこと(4月15日〜19日)

画像の出所:https://curiocity.com/things-to-do-seattle-this-week-april-15-19/ シアトルで今週のイベント:4月15日から19日 シアトルで、この週末に行われる楽しいイベントが盛りだくさんです。 是非、友達や家族と一緒に楽しめる機会をお見逃しなく! 4月15日(水曜日): シアトル・サイエンス・フェアが4月15日(水曜日)に開催されます。科学好きな人にはたまらないイベントです。様々な展示やワークショップが行われ、楽しい時間を過ごすことができます。 4月16日(木曜日): ボートセンターにて、「Night Market in the Park」が開催されます。多くの現地のアーティストやフードトラックが集まり、楽しい夜を演出します。 4月17日(金曜日): パイオニア・スクエアにて、ブロック・パーティーが開催されます。音楽やダンス、フードなど盛りだくさんのイベントで、地元の人々が一堂に会する楽しいひとときとなります。 4月18日(土曜日): フリーモント・ソーラーシステム・ウォークが行われます。宇宙好きな人や自然愛好家にはたまらないイベントです。太陽系のモデルを見ながら、楽しい散歩を楽しむことができます。 4月19日(日曜日): フェリーボートでのハーバーサンセットクルーズもおすすめのイベントです。シアトルの美しい夕日を見ながら、贅沢な時間を過ごすことができます。 この週末、シアトルで楽しいイベントがたくさん開催されるので、友達や家族と一緒に参加してみてはいかがでしょうか。

「シアトルのバンド」が戻ってきた、しかし今年は少し違うことになる

画像の出所:https://www.king5.com/article/entertainment/television/programs/evening/band-in-seattle-is-back-but-this-time-around-things-are-going-to-be-little-different/281-7f2cd661-848a-4190-bbfc-edc11123de40 米国ワシントン州シアトルで放送される音楽番組「Band in Seattle」が、少し違った形で復帰することが発表された。 この番組は、ローカルのバンドやアーティストを紹介し、その音楽を視聴者に届けるためのプラットフォームとして知られている。しかし、今回の復帰では少し異なる変化があるとのこと。 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受け、番組はライブスタジオ収録という形態を廃止し、リモート収録に切り替えることが決定された。この変更により、アーティストとのインタビューやステージ演奏は、オンラインの中継形式で行われることになっている。 新しい形態での放送がスタートすることで、視聴者もアーティストも安全かつ快適に番組を楽しむことができるようになると期待されている。どのような変化が番組にもたらされるのか、今後の展開に注目が集まっている。

カッパーワークス・ディスティリングカンパニーの新作限定リリースウイスキー

画像の出所:https://www.southsoundmag.com/eat-drink/copperworks-distilling-co-limited-release/article_2ddd182f-e6b6-5a9d-bc05-1ea7f259b66e.html シアトルを拠点とするCopperworks Distilling Co.が、限定リリースの新しい製品を発表しました。 この新しいギフトセットには、ワシントン州で栽培された小麦から作られた世界初のマルチプルクイーンテッドウイスキーが含まれています。この製品は、限定版のボトルと、説明書と、シェーカーがセットになっており、ウイスキー愛好家にはたまらないコレクターズアイテムとなるでしょう。 Copperworks Distilling Co.の共同設立パートナーであるクリス・スピード氏は、「このマルチプルクイーンテッドウイスキーは、我々の最高の小麦原酒から作り出された非常に特別なブレンドです。ウイスキー愛好家には、この製品の味わいや製法に興味を持っていただけることを楽しみにしています。」とコメントしています。 この限定リリースの新製品は、Copperworks Distilling Co.のウェブサイトや一部の販売店で入手可能です。ウイスキー愛好家は、この機会を逃さずに手に入れてみてはいかがでしょうか。

ピンストライプス、バルカンのレイクユニオンピアーズに18,000平方フィートのスペースでシアトルに2番目の店舗をオープン

画像の出所:https://news.theregistryps.com/pinstripes-opens-second-washington-location-in-18000-sqft-space-at-vulcans-lake-union-piers-in-seattle/ ピンストライプス、シアトルのバルカンズ・レーク・ユニオン・ピアーズに18000平方フィートのスペースで2番目のワシントン州内の場所を開設 ピンストライプス、人気のボウリングとバッティングケージ施設を提供する米国全体で知られている地域エンターテイメント会社は、ワシントン州で2番目の場所として18,000平方フィートのスペースをオープンしました。これは、シアトルのバルカンズ・レーク・ユニオン・ピアーズでのもので、ユニークなブレンドの食事、アクティビティ、そしてファミリーファンのための仮想スポーツの体験を提供します。 地域の統合型開発、投資、資産管理会社であるバルカンが所有し、運営するバルカンズ・レーク・ユニオン・ピアーズに加えて、ピンストライプスはシアトルで最も活気のある企業の一つとしてその名を上げています。現在、バルカンはラ)南湖が接岸するLEAD認定のプラチナ取得を目指しています。 ピンストライプスの最新の場所は、トム・ペリー社長と創業者のダレン・ベルチャコフによって営まれており、ワシントン州デビューを果たしました。この場所は、ピンストライプスのシグネチャーバッティングケージを提供し、またワインピザなどのブランドから続くキッチン、フロントスポーツバー、そしてたくさんのボウリングレーンも提供します。 レイク・ユニオン・マーケットに直結するピンストライプスは、アマゾンやフェイスブック、グーグル、テーブル、フィリンズなどの近くに位置し、シアトル地域のワーカが身近なレクリエーション、エンターテイメント、ダイン、そして問題解決スペースを提供します。ピンストライプスは、シアトルで最も注目されるエンターテイメント施設の一つとなっており、地域活性化を導いています。

お金のコーチが高いシアトルでの生活について考えを持っています

画像の出所:https://www.kuow.org/stories/seattle-affordability-budgeting-cost-of-living-financial-coaching-april-2024 シアトル 4月2024年― シアトルの住宅価格上昇は住民に負担を強いるばかりではなく、収入が低い家庭にとっては特に厳しいものとなっています。シアトル市の予算管理者は、この課題に対処するための新しい取り組みを導入しました。 市は、低所得家庭が予算管理や生活費の管理を行うための支援を提供するためのプログラムを開始しました。これにより、低所得層の家庭がより良い生活を送るために必要なリソースやスキルを得ることができるようになります。 このプログラムは、財政コーチングや予算立て、生活費管理の方法などを教えることに焦点を当てています。これにより、低収入層が将来の経済的安定を確保し、より良い生活を送るための手助けがされることが期待されています。 シアトル市の予算管理者は、「低所得家庭が収入を管理する方法を理解し、将来の経済的安定を確保するための手段を提供することが重要です。このプログラムを通じて、低所得層の家庭がより良い未来を築いていくことを支援したいと考えています。」と述べました。 このプログラムは、低所得層の家庭に対する支援を提供することで、シアトル市の住民全体の生活水準の向上に貢献することが期待されています。

シアトルはこの公共キャンペーンで国民詩の月を祝う- ニューデイNW

画像の出所:https://www.king5.com/video/entertainment/television/programs/new-day-northwest/seattle-celebrates-national-poetry-month-with-public-poetry-campaign-new-day-nw/281-8fbe4fa2-b12b-44f8-8b00-ff0048ff9896 シアトルは国立詩の月を祝って、公共の詩キャンペーンを開催 シアトル市は国立詩の月を祝して、公共の詩キャンペーンを開催しました。このキャンペーンでは、市内の様々な場所に詩が掲示され、市民が詩に触れる機会を提供しています。 このキャンペーンは、市内の詩人やアーティストが協力して実施されており、地元の才能を広める機会となっています。また、市民は自分自身の詩を提出することもでき、市内のさまざまな場所に展示されるかもしれません。 市長は、「詩は人々の心をつなぐ力を持っています。このキャンペーンを通じて、市民が詩に触れることで、新たな感動や気づきを得ることができるでしょう。」とコメントしています。 シアトル市の国立詩の月を祝うイベントは、市民によって盛り上げられ、市内に詩の素晴らしさを広めることができるものとなっています。

ホームレス状態の人々を支援するシアトルを拠点とする非営利団体、10年間の活動を終了

画像の出所:https://www.king5.com/article/news/local/homeless/seattle-based-facing-homelessness-nonprofit-closing/281-e4835cde-c18c-41c2-b8a2-17fc0e09077c シアトル拠点の『Facing Homelessness』非営利団体が閉鎖へ シアトルを拠点とする『Facing Homelessness』という非営利団体が閉鎖されることが決定しました。この団体は、ホームレス問題に取り組み、地域社会の支援を行ってきました。 団体の創設者であるレックス・ホーグ氏は、今回の閉鎖について、「非常に難しい決断だったが、我々はこれ以上の支援を提供することができないと判断した」とコメントしています。団体は、資金調達の難航や人手不足などが原因で活動を続けることが困難になったとのことです。 『Facing Homelessness』団体は、ホームレスの支援活動や啓発活動を行っていたことで地域社会からの支持を受けていました。団体の閉鎖により、今後ホームレス支援の継続が困難になる恐れもあります。 今後、ホームレス支援を必要とする人々にとって、『Facing Homelessness』団体の閉鎖がどのような影響を与えるのか、注目されています。