Wed. Apr 24th, 2024

Category: サンフランシスコのニュース

次の月、ダン・ホイルがThe Marshで新しいショー「TAKES ALL KINDS」のワークショップを行います。

画像の出所:https://www.broadwayworld.com/san-francisco/article/Dan-Hoyle-Will-Workshop-New-Show-TAKES-ALL-KINDS-at-The-Marsh-Next-Month-20240423 サンフランシスコ – 劇作家のダン・ホイルは、来月、The Marshで新作ショー「TAKES ALL KINDS」の上演を行うことになりました。 このショーは、現代社会の様々な人々や人間関係に焦点を当てたもので、ホイルの独特なスタイルとユーモアが詰まっています。彼の過去の作品も幅広い観客から支持を受けており、今回の新作にも期待が高まっています。 The Marshの共同創設者であるステファニー・ウェスティン氏は、「ダン・ホイルの作品は常に興味深く、感動的であり、この新作も例外ではありません。彼の才能と創造性を見せることができることを光栄に思います。」とコメントしています。 ホイル自身も、「この新作は私にとって特別な意味を持つものであり、観客にとっても感動を与える作品になることを期待しています。」と語っています。 「TAKES ALL KINDS」の上演日程やチケット情報はThe Marshの公式ウェブサイトで随時更新される予定です。是非、劇場へ足を運んで、ホイルの新作ショーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

オークランドのホームヒストリー:ローワーボトムで未来から借りる

画像の出所:https://oaklandside.org/2024/04/22/west-oakland-housing-history-prescott/ ウェストオークランドの住宅の歴史を振り返る – プレスコットスクエア オークランド市内で最も歴史的な地区の1つであるウェストオークランドエリアにあるプレスコットスクエアの住宅の歴史が注目されています。この地区は、長年にわたり人々の生活を支えてきた重要な一部であり、その独自の魅力と魅力を持っています。 プレスコットスクエアは、古い建物と新しい開発が融合した街並みで知られており、その多様な住宅様式は人々の関心を惹きつけています。地元の住民や歴史愛好家は、このエリアでの住宅の歴史を通じて、ウェストオークランドの過去と未来を探求しています。 プレスコットスクエアの住宅は、過去数十年にわたって数々の変化を経験してきました。古い建物の改装や新しい住宅の建設により、この地区は常に進化し続けています。そして、その歴史的な価値と魅力は、今もなお多くの人々を魅了しています。 ウェストオークランドの住宅の歴史を振り返ることで、地域の過去や文化に対する理解が深まり、その重要性が再認識されることでしょう。プレスコットスクエアを中心に、ウェストオークランドエリア全体の魅力と魅力を再発見しましょう。

なぜカリフォルニアの水改革にサンフランシスコが立ちはだかるのか

画像の出所:https://www.sfexaminer.com/forum/why-san-francisco-stands-in-way-of-california-water-reform/article_a6af1016-0051-11ef-97de-4b0b9c399c58.html サンフランシスコ、カリフォルニア州の水改革を妨げる原因 サンフランシスコ市は、カリフォルニア州の水改革を妨げる一因となっている。州の水資源管理において、市が巨大な影響力を持っていることが指摘されている。 カリフォルニア州議会は、水資源管理の改革を目指しているが、サンフランシスコ市はその一環として提案された法案に反対している。市の代表者は、提案された法案が市の水資源に対する権利を脅かすものであると主張している。 しかし、他の州内の市や地域は、この法案がより公平で持続可能な水資源管理を実現する可能性があると考えている。カリフォルニア州の水資源は過去数十年にわたり問題となっており、その管理方法についての議論が続いている。 今後、サンフランシスコ市と州議会の間での交渉が続く見通しとなっているが、両者が折り合いをつけることができるのかは不透明な状況だ。水資源管理の改革が必要とされる中、サンフランシスコ市の影響力がどのように影響を及ぼすのか、今後の展開が注目される。

サンフランシスコはなぜカリフォルニアの水改革に立ちはだかるのか | フォーラム | sfexaminer.com

画像の出所:https://www.sfexaminer.com/forum/why-san-francisco-stands-in-way-of-california-water-reform/article_a6af1016-0051-11ef-97de-4b0b9c399c58.html サンフランシスコ市は、カリフォルニア州の水改革の障害となっている理由は何か? それについてサンフランシスコ・エグザミナーが報じた。 カリフォルニア州の水政策における緊急の問題に直面している中、州のある都市が立ちはだかっている。この問題はサンフランシスコ市だ。都市は、水資源開発において特権的な地位を享受しており、州の水政策改革に関与することを拒否している。 サンフランシスコ市は、環境保護者として知られている市長のリベックスが率いることで知られています。しかし、市は州の水改革に対して消極的な態度を示しています。そのため、カリフォルニア州は水政策の改革を進める際に、サンフランシスコ市との葛藤に直面しています。 これは州全体の問題であり、水資源を適切に管理するためには、州内の全ての都市と協力する必要があります。サンフランシスコ市が州の水政策に協力的に参加することで、カリフォルニア州全体がより持続可能な水資源管理を実現することができるでしょう。

サンフランシスコとバークレーでの革新的なPOCフード&ワインフェスティバルでは、茶色は美しい。

画像の出所:https://www.7×7.com/at-the-innovative-new-poc-food-wine-festival-in-sf-and-berkeley-brown-is-beautiful-2667821683.html サンフランシスコとバークレーで新たなPOCフード&ワインフェスティバルが開催されました。このイベントでは、ブラウンが美しいというテーマの元、様々な革新的な料理とワインが楽しめました。 サンフランシスコとバークレーで新たなPOCフード&ワインフェスティバルが開催されました。このイベントでは、ブラウンが美しいというテーマの元、様々な革新的な料理とワインが楽しめました。ラテン料理やアジア料理、そしてアフリカ料理など、多様な文化の料理が一堂に会しました。 このイベントは、地元のシェフやワイナリーのみならず、世界中からの料理人やワインメーカーも参加し、多くの人々にその魅力を伝えました。フェスティバルでは、異なる文化の料理やワインを通じて人々が交流し、新しい体験をする機会を提供しました。 来場者たちは、美味しい料理とワインを楽しみながら、多様性と包括性を祝福しました。イベントの成功により、今後もこのようなフェスティバルが開催されることが期待されています。POCフード&ワインフェスティバルは、さらなる文化交流と理解を促進する素晴らしい場となりました。

SFとバークレーで革新的なPOCフード&ワインフェスティバル、ブラウンは美しい。

画像の出所:https://www.7×7.com/at-the-innovative-new-poc-food-wine-festival-in-sf-and-berkeley-brown-is-beautiful-2667821683.html サンフランシスコとバークレーで開催される画期的なPOCフード&ワインフェスティバルでは、ブラウンは美しい サンフランシスコとバークレーで開催される画期的なPOCフード&ワインフェスティバルで、多様性と創造性が融合され、ブラウンは美しいとされています。このフェスティバルは、アジア系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人、ラティーノ、ネイティブアメリカンなど、さまざまな人口の背景を持つ料理人やワイナリーが集まり、その多様性を称えています。 フェスティバルは、クリス・イエン氏とジャイロビン・ギアース氏が主催しており、サンフランシスコ州立大学でのパネルディスカッションやシェフによるデモンストレーションなどのイベントが行われます。さらに、サンフランシスコとバークレーの人気レストランやバーが参加し、その特色ある料理やワインを楽しむことができます。 このフェスティバルは、料理やワインを通じて人々をつなぎ、それぞれの文化やアイデンティティを称賛する場となっています。多様性と創造性が溢れるこのイベントは、地域の食のシーンに新たな風を吹き込んでいます。

SFの4/20祭りは失敗だが、「自転車の日」を聞いたことがありますか?

画像の出所:https://www.ktvu.com/news/sfs-4-20-celebration-is-a-bust-but-have-you-heard-about-bicycle-day 4/20の祝賀会は失敗に終わるが、バイシクル・デーを聞いたことがあるか サンフランシスコ – サンフランシスコの4/20祝賀会は今年は大幅に規模が縮小されたが、代わりにバイシクル・デーが新たな話題となっている。 地元メディアによると、4/20の祝賀会は違法な大規模な集まりになることを恐れた市当局によって規模を制限されたため、かつての盛り上がりを見せなかった。 しかし、その代わりにユーザーたちが4/19の日に開催されたバイシクル・デーに集まり、薬物を使用しながらサイクリングを楽しんだそうだ。 バイシクル・デーはサンフランシスコで毎年開催される伝統的なイベントであり、今年も大勢の人々が参加したという。この日はLSDの発見を祝う日であり、観光客や地元住民が自転車に乗って市内を巡り、薬物の使用を楽しんだという。 当局は公共の安全を確保するため、監視を強化するとともに喫煙や薬物使用が行われないように取り締まりを行ったという。しかし、参加者たちは晴れやかな気候の下で楽しい時間を過ごしたようだ。 今後もバイシクル・デーはサンフランシスコのカレンダーに登場することが期待されている。4/20の祝賀会の失敗にも関わらず、地元の伝統行事として根付いているようだ。

私たちはSF: Katy Tang、Teddy Kramer、Ben Bleimanと一緒に小規模ビジネスをサポート

画像の出所:https://www.kalw.org/show/bay-made/2024-04-18/we-are-sf-uplifting-small-business-with-katy-tang-teddy-kramer-and-ben-bleiman 私たちはSF:カティ・タング、テディ・クレイマー、そしてベン・ブライマンが小規模ビジネスを盛り上げます サンフランシスコの地元メディアWe Are SFは、カティ・タング、テディ・クレイマー、そしてベン・ブライマンと協力して地元の小規模ビジネスを支援しています。この取り組みは、地元の経済を盛り上げ、コミュニティを支援することを目的としています。 カティ・タングは、サンフランシスコ市議会の元メンバーであり、地元企業のサポートを強力に推進しています。テディ・クレイマーは、地元のビジネス専門家であり、地元の経済の発展に積極的に貢献しています。ベン・ブライマンは、地元の飲食業界のリーダーであり、地元の小規模ビジネスを支援するためにさまざまな取り組みを行っています。 We Are SFは、地元の小規模ビジネスに対して財政的支援やマーケティング支援、ネットワーキングの機会を提供しています。この取り組みは、地元の経済の活性化を促進するとともに、地元のコミュニティを支援するための重要な役割を果たしています。 地元の小規模ビジネスオーナーたちは、We Are SFのサポートを受けて、自らのビジネスを育て、成長させることができています。これにより、地元経済の活性化が図られるだけでなく、地元コミュニティの結束も強化されています。We Are SFの取り組みが今後も続くことで、サンフランシスコの地元ビジネスコミュニティはさらなる発展を遂げることが期待されています。

日本語:ベイを巡る日:SFMTAが5月に駐車違反の「集中的」取り締まりを行う

画像の出所:https://sfist.com/2024/04/18/sfmta-to-do-intensive-sweep-for-parking-violations-in-may/ Article Translation:https://sfist.com/2024/04/18/sfmta-to-do-intensive-sweep-for-parking-violations-in-may/ The San Francisco Municipal Transportation Agency (SFMTA) plans to crack down on parking violations in the month of May with an intensive sweep. With the city gradually…

蝶の種が消滅して数十年後、親戚が隙間を埋める

画像の出所:https://patch.com/california/san-francisco/decades-after-butterfly-species-vanished-close-relative-fills-gap 数十年前、サンフランシスコ市内で絶滅した蝶の種類が、近い親戚によって穴を埋められました。 カリフォルニアアカシジミ蝶(California Pipevine Swallowtail)という種類は、1987年以来、サンフランシスコ市内で目撃されていませんでした。しかし、最近行われた調査で、これに非常に近い親戚であるどくだみの葉蝶(Pipevine Swallowtail)の生息が確認されました。 この発見は、市内の自然保護団体や環境保護活動家にとって喜ばしいものであり、長年にわたって絶滅したと考えられていた種類が再び見られることに希望を抱いています。 どくだみの葉蝶は、カリフォルニアアカシジミ蝶と同様の環境で生息し、貴重な生態系を支える重要な存在です。専門家は、これらの蝶の保護と繁殖を促進するための取り組みを進めています。 サンフランシスコ市内における蝶の生息状況は、環境保護における重要な課題として注目を浴びており、今後もこの種類の保護と増殖に力を入れていくことが必要とされています。