Tue. May 21st, 2024

画像の出所:https://www.wusa9.com/article/news/national/capitol-riots/judge-gives-active-duty-sailor-30-days-home-detention-chance-to-save-navy-career-david-elizalde-navy/65-4bac2426-b84b-43a5-b7be-6aaee2ce817a

海軍のサンディエゴ基地に勤務するアクティブな任務中の水兵、デイヴィッド・エリサルデ氏が連邦裁判所で起訴され、連邦判事から自宅軟禁30日と海軍でのキャリアを救うチャンスを与えられた。

エリザルデ氏は、米国議会議事堂の襲撃事件に参加したとして指名手配され、裁判所での審理が行われた。エリサルデ氏はサンディエゴ基地に勤務するアクティブな海軍の一員であり、彼の海軍でのキャリアが危機に瀕していた。

連邦判事はエリサルデ氏に30日間の自宅軟禁を課し、海軍でのキャリアを救う機会を与えることを決定した。エリサルデ氏は今後、そのチャンスを利用し、反省と再起を図ることが期待されている。

エリサルデ氏は自身の行動について「後悔している。私の行動が海軍と私の家族に与えた影響を理解している。これからは適切な方向に向かい、再び信頼を得られるよう努力していきたい」とコメントしている。

エリサルデ氏は今後、30日間の自宅軟禁の間に自身の過ちを検証し、海軍でのキャリアを続けるための努力を重ねることが求められている。