Mon. Jul 22nd, 2024

画像の出所:https://thehoya.com/news/ranked-choice-voting-clears-another-hurdle-to-ballot-initiative-paves-way-for-more-candidates-in-dc-primaries/

ランク付け選択投票は投票採用が別のハードルをクリアし、候補者がDCの選挙予備選挙に参加できる道を開いた。

DC選出市民のリーダーシップ、延期されたDC市の選挙システム改革の先駆者団体は世論調査を完了し、27カ月にわたる論争後の12月9日に提出された。

この新しい選挙手法は、選挙結果がコンテストされる可能性が最も高い投票集計方法で、選挙での不正行為の可能性を減らすとされています。この手法は、有権者が複数の候補者に順位をつけることを求め、選挙での優先順位を反映するように設計されています。

DCはすでに、個別選挙における投票方法の排他的使用を承認した2020年の選挙手法法案を制定しており、この法案は同一候補者との決選投票につながった状況を受けて導入されたものとしている。

DCは、2022年に初めての参加を果たす予定の地方議員選挙に候補者を候補者数が増加すると予想されるランク付け選択投票を採用しています。この新たな選挙手法を評価する市の選挙管理委員会は、最終的な選挙法制定草案を議会に提出する必要があるが、その前に、委員会はまず12月のリンクベスト・デモクラシー基金の提案を検討する予定で、その時点でレギュレーションに関する詳細を公表する。

地方議員選挙でのランク付け選択投票は、途中で逆転や革新が可能になり、多くの有権者が投票したいと考えている候補者にはより多くの支持が集まりやすくなると予想される。この選挙手法が初めて採用されたDCで、選挙においてリーダーシップを示すためにどのように変わるかはまだわからないが、この選挙手法が将来の選挙にどのように影響を与えるかは未知数である。