Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.cbs8.com/article/news/local/working-for-you/are-accessory-dwelling-units-being-built-for-low-income-san-diegans/509-3a9ae7d2-f9e8-4fc7-b832-e58d01dff1b5

最近、サンディエゴで家族向けの住宅が不足しているとの報告があります。これに対処するため、多くの開発業者がアクセサリー住居ユニット(ADU)の建設に乗り出しています。しかし、ADUは主に高所得者向けに建設されており、低所得者を支援する効果は限られているようです。

地元メディアによると、貸主と住宅開発業者はADUを高家賃で貸し出すことが一般的だと言います。また、ADUの建設には高額な費用がかかるため、低所得者向けの住宅として提供することが難しいとの指摘もあります。

それにもかかわらず、サンディエゴ市はADUの建設を奨励しており、住宅不足の解消に貢献することを期待しています。しかし、低所得者向けの住宅を提供するためには、政府や関連団体が積極的に支援する必要があるようです。

これについて、地域の住民や関係者の間でさまざまな意見が分かれており、今後の動向が注目されています。ADU建設の効果的な活用方法に関する議論がさらに進展することが期待されます。