Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.fox32chicago.com/news/chicago-rat-hole-roscoe-village

タイトル:シカゴの「ネズミ穴”ロスコービレッジ」から恐怖の声

シカゴ―― イリノイ州シカゴのロスコービレッジ地区で、住民たちは深刻な問題に直面しています。地元のストリートでネズミの脅威が拡大し、住民は衛生上の懸念と安全リスクに直面しています。

最近の報告によると、ロスコービレッジ地域は非常に深刻な「ネズミの巣穴」になっているとみられることが明らかになりました。多くの住民は、その数と進行の速さに驚愕しています。

住民たちは、ネズミの集団が夜になると大胆になり、廃物やゴミに飛び込んでいるとの証言をしています。小さな子供たちやペットが散歩をする際には、常にネズミに注意を払わなければなりません。また、危険な病気を媒介する可能性もあるため、住民たちは健康への脅威を深く心配しています。

住民のリンダ・ジョンソンさんは、「この問題に直面するようになってから、家族全体の生活が大きく変わりました。ネズミが家の中に入ってきたり、子供たちの遊び場で駆け回るのを見たりするのは本当に恐ろしいです。公衆衛生の件では、より多くの措置を講じる必要があると思います」と述べました。

地域の不動産市場も影響を受けています。ネズミの出現や巣穴の存在は、家の値段にも悪影響を及ぼし、住民が他の地域に移動する動機を与えています。

この問題については、地元の自治体も関心を寄せています。市役所は、ネズミの巣穴の除去に取り組むために、専門のチームを派遣することを計画しています。また、予防措置や啓発活動を実施し、住民にネズミの注意点や報告方法を周知することも検討されています。

シカゴ市の担当者は、住民の安全と健康を最優先に考え、この深刻なネズミの問題に対処する決意を示しました。今後の取り組みが住民にとって有益であることを願うばかりです。