Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.gwinnettdailypost.com/news/legislative-democrats-looking-to-end-ban-on-rent-control/article_b8d24657-6111-58e6-b375-cd4aaa572be1.html

レンタルコントロールの禁止を終了しようとする立法民主党

(2022年5月28日、スワニー)- ジョージア州では、レンタルコントロールの禁止を終了しようとする動きが、立法民主党から発表された。

立法民主党は、住宅所有者が賃料を自由に設定できる現行の法律を廃止し、家賃の上昇を緩和するための新たな規制を導入することを提案した。

現在の法律では、住宅所有者は賃料を市場価格で設定することができ、賃料の変動は需要と供給の関係によって決まる。しかし、立法民主党は、これが家賃の高騰を招いていると主張している。

提案されている新たな法案では、ある程度の制限を設け、家賃の急激な上昇を抑制することを目指している。新たな規制は、賃料の上限を設定し、必要に応じて家賃の増加を制限することを含んでいる。

立法民主党議員のジョン・スミスは、「家賃の高騰は、低所得者や固定収入の人々にとって深刻な問題です。現行の法律では、家賃が急速に上昇している地域では、生活することがますます困難になっています。我々は、より公正でバランスの取れた住宅市場を作り、住民たちにとって負担可能な家賃を確保するために、今回の提案を行いました」と述べた。

しかし、一部の批判者は、レンタルコントロールの導入が逆に住宅所有者を苦しめ、投資意欲を損なう可能性があると懸念している。彼らは、市場の自由な競争が健全な住宅市場を形成すると主張している。

立法民主党の提案は、今後の議会で審議され、可決されれば導入される見通しである。ジョージア州の住宅市場において、今後の動向に注目が集まる。