Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.nbcwashington.com/news/local/less-than-one-week-from-a-shutdown-lawmakers-leave-dc-without-a-deal/3468300/

政府機関が再び閉鎖の危機に直面し、議員たちは合意に至らないままワシントンDCを去りました。一週間も経たぬうちに、予算案についての膠着状態が続きました。

連邦政府の一部閉鎖、通称「シャットダウン」が再び迫っています。予算案の審議は非常に難航しており、議員たちは足かけ数日間協議を重ねましたが合意に至りませんでした。本来ならば予算案は9月末までに成立するはずでしたが、その後も膠着状態が続き、政府機関には一定の予算の裁量が与えられていません。

予算案の最も論争を巻き起こしているのは、国境の壁に関連した予算割り当てです。共和党と民主党の間での壁の必要性や予算確保方法についての意見の相違から、議会の雰囲気は緊迫しています。現在は年末までの短期予算案を採用することを目指していますが、合意に至らず、政治のパフォーマンスが繰り広げられる一方です。

このシャットダウンの影響は多岐にわたります。例えば、連邦政府職員たちは給与の一部を受け取れなくなる可能性があり、政府機能も制限されることとなります。また、ビザや旅券の発行に遅れが生じることや、税務申告の処理にも影響が出るかもしれません。更に、国内外の経済にも悪影響が及ぶ可能性があります。

これまでも政府閉鎖は何度か経験してきましたが、その度に予算協議による解決策が見つかってきました。しかし、現在の議論は著しく困難なものとなり、影響が広がることが懸念されます。

今後連邦議会は再開し、予算案を巡る交渉を続ける予定ですが、合意に至るかどうかは未定です。政府閉鎖を回避し、国の運営を維持するためには、民主党と共和党の緊張感の高まりを乗り越え、妥協案を見つけることが求められます。予算案の合意に至らない場合、政府閉鎖の可能性はさらに高まることとなります。議会の予算交渉の行方に関心が集まっています。