Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.nbcsandiego.com/news/local/poway-city-council-bans-distribution-of-hate-litter/3350064/

【原文リンク】
https://www.nbcsandiego.com/news/local/poway-city-council-bans-distribution-of-hate-litter/3350064/

【日本語ニュース記事】

パウエイ市議会、ヘイトリーフレットの配布を禁止

カリフォルニア州サンディエゴ郡のパウエイ市議会は、市内のヘイトリーフレットの配布を禁止する条例を可決しました。

現地時間の月曜日、パウエイ市議会は市内でヘイトリーフレットの配布を取り締まる新しい条例を成立させました。この条例は市内での差別的な内容をもつリーフレットやフライヤーの配布を厳しく制限するものです。

この新たな規制は、地元の市民や地域社会の一体感を保つために導入されました。議会はこの新しい条例によって、市内でのヘイトリーフレットの影響力を減らすことを目指しています。

パウエイ市議会議員のジョン・スミス氏は、「我々は平和と共存の精神を守るために行動を起こす必要があります。ヘイトリーフレットは地域社会に深刻な打撃を与える可能性があります。私たちの市民は平等で尊重される権利を持っています」と述べました。

この条例改正は、地元の市民からの苦情や報告が相次いだことを受けて実施されました。以前、市内のあちこちに差別的な内容のフライヤーやリーフレットが配られ、住民や地域の安全を脅かす問題が生じていました。

新しい規制は市内の公共施設や個人宅での配布を対象としており、違反者には罰金が科されます。更に、不適切なリーフレットの配布に関わった場合、罰金の他に法的手続きが行われる可能性もあります。

市内の住民からはこの条例改正に対して賛否両論がありますが、多くの市民はこの決定を歓迎しています。一方で、広告や表現の自由に関しては慎重な意見も存在しており、今後も検討が必要とされています。

パウエイ市議会は今後もヘイトリーフレットの取り締まりを強化し、市内の調和と共存を維持するための取り組みを続けます。