Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.bostonherald.com/2023/11/09/boston-man-suing-patriot-front-for-july-2022-assault-allowed-to-serve-leader-by-email/

ボストン男性、2022年7月の暴行を受けていたため、パトリオット・フロントを訴えることが認められ、リーダーへのメールによる送達が許可される

ボストンヘラルドによると、ボストンの男性が2022年7月の暴行事件に関連して、極右団体であるパトリオット・フロントを訴えることが認められ、訴訟手続きを進めることとなったことがわかった。この男性は、同組織のリーダーに対して電子メールで提出することが許可されている。

記事によれば、被害者は匿名を希望しており、その理由は暴行事件後の脅迫行為が続いているためであるという。事件当時、パトリオット・フロントはボストン市内でデモ活動を行っており、その際に被害者が彼らの暴行を受ける結果となった。

この男性は、弁護士を通じて提出された文書で、パトリオット・フロントのリーダーに対して警告と謝罪を求める旨を述べていた。しかし、被害者は直接相手をすることが難しい状況にあり、安全面の懸念や身の安全を守るために匿名性を保つ必要があると訴えている。

さらに、事件後もパトリオット・フロントからの脅迫メッセージが届き続け、これによって被害者のストレスが増大しているとのことである。したがって、裁判所は保護命令を発行し、リーダーへの連絡において電子メールが使用されることを許可する決定を下した。

この判決は、被害者の安全と匿名のまま訴訟手続きを進めるための重要な一歩として受け取られている。被害者側の弁護士は、「この判決によって、被害者は自身の声を主張し、正義を追求することができるでしょう」とコメントした。

パトリオット・フロントに対しては、この訴訟が団体にとっての大きな試練となることが予想される。事件が広まるにつれて、彼らの行動や思想に対する注目が高まっており、公に問われることとなるかもしれない。

今後の展開が注目されるところであるが、この訴訟が暴力行為を容認しない社会の一環として意義を持つことは間違いない。