Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.washingtonian.com/2023/10/26/pink-fox-one-of-dcs-original-i-71-shops-is-getting-out-of-the-gray-market/

ピンクフォックス、ワシントンD.C.のオリジナルI-71ショップの一つ、グレーマーケットからの脱却へ

ワシントンD.C.― 2023年10月26日

ワシントンD.C.に本拠を置く大麻ディスペンサリーであるPink Foxが、グレーマーケットからの脱却を目指し、新たな展開を始めることが明らかになりました。

Pink Foxは、2020年からワシントンD.C.のI-71ショップの中心的存在として知られており、大麻愛好家に人気を博してきました。しかし、扱う商品が合法市場の範囲を越えており、グレーマーケットに位置づけられていたため、法的な不透明さや制約を抱えていました。

そのため、同社は現在、グレーマーケットからの脱却を図り、合法市場への正式な参入を果たすことを決定しました。この取り組みにより、Pink Foxはより安定した環境で事業を展開し、顧客に合法かつ高品質な大麻製品を提供することが可能になるでしょう。

新たな方針により、Pink Foxは州の規制当局と緊密に連携し、ライセンスの取得や法的手続きを進める予定です。これにより、同社は合法的に大麻製品を販売するために求められる厳格な基準を満たし、大麻業界の発展に貢献することが期待されています。

また、この脱却のプロセスが円滑に進むように、Pink Foxは専門家チームを組織し、法的な助言や規制順守に関するアドバイスを受けることを決定しました。このチームは、同社が合法市場で成功するために不可欠な戦略を立案する役割を果たします。

これに伴い、Pink Foxの創業者であるKeiko Beaudouin氏は、「グレーマーケットでの活動から脱却し、法的な枠組み内で事業を拡大できることを非常に嬉しく思っています」とコメントしました。また、Beaudouin氏は「新たな取り組みにより、より多くの顧客に安全で信頼性の高い製品を提供できるようになります。我々は市場の変化に適応し、質の高い大麻製品を提供し続けることをお約束します」と述べました。

Pink Foxは、将来的には新しい法的規制に対応するために、店舗の改装や追加のライセンス取得を行う予定です。同社は、2024年初めまでに合法市場への完全移行を果たすことを目指しており、この大変革が成功すれば、大麻業界において重要な節目となるでしょう。

【翻訳:OpenAIのDavinciを用いたAI】