Wed. Apr 24th, 2024

画像の出所:https://www.nbcwashington.com/news/local/republican-lawmakers-ask-dc-mayor-to-rename-black-lives-matter-plaza-citing-antisemitic-social-media-posts/3453384/

【原文リンク】
https://www.nbcwashington.com/news/local/republican-lawmakers-ask-dc-mayor-to-rename-black-lives-matter-plaza-citing-antisemitic-social-media-posts/3453384/

【記事】
ワシントンD.C. — 共和党の議員たちが、アンティセミティックなソーシャルメディアの投稿を理由に「ブラック・ライブズ・マター・プラザ」と名付けられたプラザの名称変更をワシントンD.C.市長に要請しました。

ワシントンD.C.のカプトン・ペラーズ市長は、2020年6月にブラック・ライブズ・マター運動を支持するためにプラザの名前を変更しました。しかし、共和党のロイ・ブラントやワードン・フレイヴン氏などの議員グループは、このプラザの名前変更に反対しています。

このプラザの名前変更についての議論は、新たに発見されたアンティセミティックな投稿が関係しています。この投稿は、ブラック・ライブズ・マター運動のリーダー、パトリス・カラースや、他の活動家たちがソーシャルメディア上で公に発言していたものです。

ブラント議員は声明の中で、「私たちはアンティセミティックな投稿を深く憂慮しており、それに関連するプラザの名前変更を要請します。このような行為は信頼を失うことにつながり、ワシントンD.C.のシンボルであるべき場所に取り組むエネルギーを損ないます」と述べました。

この要請に対して、市長はコメントを控えるとしました。一方、ブラック・ライブズ・マターの提唱者であるカラースは、声明を発表してこの議論に反論しました。「この議論は私たちが抱える現実的な問題には全く関係していない。ブラック・ライブズ・マター運動は人種差別と闘うためのグローバルな運動であり、このプラザの名前変更に込めた意味に変わりはありません」と述べました。

この議論は今後も続く見通しですが、プラザの名称変更については市民の意見や他の政治家の反応が注目されます。