Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.civilbeat.org/2023/10/a-message-from-hawaii-to-dc-we-dont-have-enough-money/

ハワイからDCへ:私たちには十分なお金がありません

アメリカ、ハワイ州ホノルル – ハワイの財政危機が、ワシントンD.C.へと声を響かせています。日本時間10月30日、ハワイのシビルビートが報じたところによると、州内で資金不足が深刻化しているため、州民からの支援が必要と訴えられています。

ハワイ州は、観光業に依存しながらも、COVID-19パンデミックの影響を大きく受けました。ツーリストの減少により、州の歳入は激減し、予算に大きな負担がかかっています。この結果、州政府は主要な公共サービスへの資金削減を余儀なくされており、教育、医療、インフラなどの分野での支援が厳しく制限されています。

記事では、ハワイ州が連邦政府に対して、経済的な支援を求めていることが明らかにされています。資産家や富裕層に対する課税増加や連邦政府からの追加の補助金を提案しており、ハワイ州はまとまった規模の資金を必要としていると主張しています。

ハワイ州知事のジョン・ワイヘエは、声明の中で、「ハワイ州は一貫して観光業に依存してきましたが、パンデミックの影響は予想以上に大きかった」と述べました。「私たちは困難な時期を迎えており、連邦政府の支援が必要不可欠です。教育、医療、公共インフラなど、重要な分野に対して必要な資金を集めるため、迅速な行動を望んでいます」と強調しました。

ハワイ州では、特に教育部門での資金不足が深刻化しています。多くの学校が経済的な支援を必要としており、教師人員の不足や授業の質の低下が懸念されています。ハワイの学生たちは、将来を担うために十分な教育を受ける機会を失う恐れがあります。

ハワイ州には、美しい自然環境、文化的な価値、そして観光業による魅力がありますが、その維持と発展は重要な課題となっています。ハワイ州民は今、連邦政府に対して力強く訴えを発しており、「我々の州には十分なお金がありません。支援していただくことを切望します」と述べています。

ハワイ州の声がどのように受け止められ、連邦政府がどのような策を取るのかに注目が集まっています。ハワイ州民は、その未来にかけて一致団結し、財政危機を乗り切るための解決策を模索していることが伺えます。