Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.oregonlive.com/opinion/2023/10/readers-respond-a-vision-zero-for-portland-dysfunction.html

ポートランドの機能不全に対する「ビジョンゼロ」への読者の声に対応

ポートランド市での交通事故が増加していることに懸念を抱く市民から、「ビジョンゼロ」という取り組みについて意見が相次いで寄せられている。地元メディア「オレゴン・ライブ」が発表した記事によれば、市内の道路の安全性改善を目指すこの取り組みに対して、多くの読者から異論や提案が寄せられた。

先週、ポートランド市は依然として許容できない程度の機能不全において、交通渋滞が続いていることが報告されていた。その背景には、市内の道路網が古く、ノンモータリスト(自動車以外の交通利用者)の利便性を欠いていると指摘されている。この問題に取り組むべく、市は「ビジョンゼロ」というアプローチを採用した。

「ビジョンゼロ」は、ポートランド市内の交通システムを根本的に改善する意欲的なプロジェクトだ。この取り組みは、自動車の交通事故死をゼロにすることを目標に掲げ、将来の交通安全性を高めることを目指している。特に、ノンモータリストの安全を向上させることが焦点となっている。

しかしこの計画については、市民から異論も相次いでいる。オレゴン・ライブに掲載された記事によると、市が注力している自動車に対する対策に加えて、ノンモータリストの安全に関する具体的な改善策が示されていないことに対して、多くの意見が寄せられている。

一部の読者の意見では、自転車や歩行者に対するインフラ整備の重要性が訴えられている。自転車道の整備や歩行者用信号機の増設、交差点の安全対策などが具体的な提案として挙げられている。

さらに、市内の道路の老朽化や交通信号の効率化に対しても関心が寄せられている。道路のメンテナンスや信号制御の改善によって交通の流れをスムーズにすることで、交通事故リスクを低減できるという意見がある。

ポートランド市当局は、市民の意見を注視しており、今後の計画の参考とする意向を示している。市長も交通安全に関する問題を深刻に受け止め、ビジョンゼロによる改善への取り組みは続けられる見通しとなっている。

ポートランド市はさらなる議論と市民の参加を通じて、交通機能を向上させ、交通事故の撲滅を目指していくことを強調している。将来の交通システムにおいて、自動車だけでなくノンモータリストにとっても安全で使いやすい都市環境を創り上げるために、市民との連携が重要不可欠であると訴えている。