Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://sandiegocitd.org/san-diego/county-animal-services-offers-tips-to-keep-coyotes-away-from-homes/

SAN DIEGO—米国カリフォルニア州サンディエゴ郡動物管理部は、住宅からハクビシンが遠ざかるためのアドバイスを提供しています。

最近のレポートによると、ハクビシンとの遭遇が増えているという報告があります。住宅近くの公園や自然保護区など、野生生物の生息地が近くにあるため、ハクビシンとの接触が起こりやすくなっています。

この問題に対処するため、サンディエゴ郡動物管理部は、住民たちに対して以下のアドバイスを提供しています。

まず第一に、住宅周辺にゴミや食べ物の残りを放置しないことが重要です。ハクビシンは、人間が残した食べ物を求めて近づいてくることがあります。そのため、ゴミ箱をしっかりと閉め、食べ物の残りを外に放置しないようにしましょう。

さらに、宿泊施設や住宅の周辺にフェンスを設置することも有効です。ハクビシンは優れたジャンプ力を持っているため、高いフェンスを設置することで侵入を防ぐことができます。

また、夜間には屋外エリアに明かりを灯すようにしましょう。ハクビシンは暗闇を好み、明るい場所を避ける傾向があります。明るい照明が点いていることで、ハクビシンの接近を阻止することができます。

さらに、小さなペットを保護するために、外での活動には注意が必要です。犬や猫が外に出る際には、必ずリードを付けることを忘れないでください。ハクビシンは小さなペットを捕食の対象として見ることがありますので、安全確保が必要です。

サンディエゴ郡動物管理部は、これらのアドバイスを守ることで、住民たちの家をハクビシンから守ることができると強調しています。また、ハクビシンとの遭遇があった場合には、速やかに動物管理部に連絡するよう推奨しています。

ハクビシンとの適切な共存は、住民の安全を守る上で重要な課題です。住民全員が協力して、ハクビシンに対する十分な注意を払い、問題解決に向けて取り組みましょう。