Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://la.streetsblog.org/2023/10/18/metro-looks-to-approve-on-bus-camera-enforcement-ticketing-drivers-who-park-in-bus-lanes

メトロ、バスレーンに駐車するドライバーに対するオンバスカメラの取り締まりを承認へ

10月18日、ロサンゼルスのストリートブログによると、ロサンゼルス郡交通局(メトロ)は、バスレーンへの駐車を取り締まるためのオンバスカメラの導入に関して議論している。

今回の取り組みは、渋滞の原因となる車両のバスレーン利用を防ぎ、バスの効率的な運行を確保することを目的としている。バスレーンへの駐車は、通常、迅速で頻繁な交通機関であるバスのスケジュールを乱し、乗客の不満を招くことがある。

導入されるオンバスカメラは、駐車違反を取り締まるために使用される予定であり、カメラが駐車車両を検知した場合、罰金切符が発行されることになる。現在、このような取り締まりは、交通警察官が直接現場に赴いて行っているが、オンバスカメラによるシステム導入により、効果的かつ費用対効果の高い取り締まりが期待できるとされている。

メトロでは、この提案に対する賛否両論の意見を集めており、関係者や一般市民に対してフィードバックを求めている。メトロの広報担当者は、オンバスカメラの導入によりバスレーンの利用が改善され、バスのスケジュール順守が容易になると述べた。

しかしながら、一部のドライバーや住民からは、プライバシーの問題やオンバスカメラの使用方法に対する懸念が示されている。提案に対する意見はまちまちであり、議論は続いている。

メトロの取締り改善案については、今後、役局や市議会などでの審査が行われる予定であり、その後の導入時期や具体的な運用方法については、改めて検討されることとなる。

メトロは、頻繁な違反の防止、ダイヤの正確さ向上、公共交通利用者の利便性の向上を目指し、バスレーンに駐車するドライバーに対するオンバスカメラの取り締まりを推進していく方針である。