Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.washingtoninformer.com/maxwell-nso-residency-kennedy-center/

マックスウェル、NSOの公演でケネディセンターのレジデンシーを果たす

ワシントン通信によると、R&Bシンガーのマックスウェルが、ワシントンDCの名門ケネディセンターでレジデントテイクオーバーを果たすことが発表されました。これにより、ワシントンDCでのNSO(ナショナル交響楽団)の公演で、マックスウェルの才能と魅力が披露される予定です。

このレジデントテイクオーバーは、マックスウェルとNSO、さらには様々なアーティストやミュージシャンがコラボレーションし、様々なジャンルの音楽を披露する特別なイベントです。マックスウェルは、彼の名声とR&Bの代表的なヒット曲である「Pretty Wings」などを披露する予定です。

このレジデントテイクオーバーは、ケネディセンターの副会長であるディアナ・エッフマン氏によって発表されました。エッフマン氏は、マックスウェルが素晴らしい才能を持つアーティストであり、NSOとのコラボレーションが特別であると語りました。

ワシントンDCは、音楽愛好家やファンにとって特に重要な場所であり、ケネディセンターはその中心的な存在です。ですから、マックスウェルの公演は地元の人々や音楽ファンにとって待ち望まれている出来事です。

ケネディセンターのCEOであるディボラ・ラッター氏は、「マックスウェルはユニークな表現力を持つアーティストであり、彼の音楽は人々の心を魅了します。私たちは、彼がケネディセンターに来てくれることを非常に誇りに思っています」とコメントしています。

マックスウェルのNSOとのレジデントテイクオーバーは、2022年の春に行われる予定です。この公演は、ワシントンDCの音楽愛好家やファンにとって、一生に一度の体験となることでしょう。