Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.kxan.com/news/local/austin/accenture-to-lay-off-hundreds-more-austin-employees-for-third-time-this-year/

アクセンチュア、今年3回目となるアウスティンの従業員数百人のレイオフを発表

米国テキサス州アウスティン市に拠点を置く大手コンサルティング企業、アクセンチュアが、今年3回目となる大規模なレイオフを発表しました。

地元メディア「KXAN」によると、アクセンチュアは新型コロナウイルスパンデミックの影響やビジネスニーズの変化により、従業員数百人を再びレイオフする計画を立てていると伝えられています。これにより、アウスティンの雇用市場に大きな影響が及ぶ恐れがあります。

今年に入ってから、アクセンチュアは既に2回、アウスティンの従業員を大量配置解除しており、3回目のレイオフでさらに数百人の従業員が影響を受ける見込みです。これにより、社会全体に経済的な悪影響が広がる可能性もあります。

レイオフの理由について、アクセンチュアは新型コロナウイルスの長引くパンデミックによる需要減少やビジネスダウンターンを挙げています。特に、需要の低下に伴い、従業員数を削減する必要性を迫られたと述べています。アクセンチュアは、従業員との協議を重ね、適切な補償やサポートを提供する方針です。

アウスティン市の経済にとって、アクセンチュアのレイオフは大きな打撃となるでしょう。アクセンチュアは、市内の主要雇用主の一つであり、従業員への賃金支払いや地域経済の活性化に貢献してきました。しかしながら、レイオフの連続により、本市の雇用市場はますます厳しくなってしまうと懸念されます。

アクセンチュアは現在、従業員の需要変化により、全体の効率性を向上させるための戦略を模索しています。非常に困難な決断であるとは言え、アクセンチュアはレイオフを通じて、将来的なサステイナブルな成長を追求する意図を示しています。

アクセンチュアは従業員への保護を最優先に考え、経済的な困難に直面するであろう従業員に対して適切な支援を提供していくことが重要です。アウスティン市は、この困難な時期においてアクセンチュアの従業員や経済全体をサポートし、地域の雇用市場の回復を促すための対策を講じることが求められます。